05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2009.07.18 *Sat*

手ぬぐい/焼酎

DSC05936.jpg P1000583.jpg
・濱文様
・手捺染
・なぜか歌瀬キャンプ場で購入(新品)

今現在、禁酒中。
薬を飲んでますので、良くないらしいです。

一般的に、手捺染は注染に比べ格下に見られているような感じがするんですが、この濱文様の手捺染に関しては、裏表があり、使用時にちょっと気を使うのを除けば、注染と比べ違和感はありません。
木綿の質によるところでしょうか、柔らかい感じで、頭に被ってて、首に巻いてて、気持ちいいです。
値段も注染とそう変わりません(笑)

さて、注染には染料、捺染には顔料が使われるそうですが、捺染、つまり顔料の方が、細かい色柄の表現に向いているのだとか。この特性は写真のプリントと一緒ですね。


【コレクションポリシー】
・必ず使い込む
・役目を終えたものは『ヴィンテージ手ぬぐい』として宝物にする
・埋もれてしまった手ぬぐいを発掘する
・手ぬぐいの素晴らしさを(微力ながら)世に発信する
Permalink *  CM(2) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

「民芸」というと、ちょっと過去形のイメージがついて、違和感を感じますから、
今も生きている、「忘れ去られた日用品」とでも言っておきませんか(笑)
手ぬぐいの他にも、マッチに栓抜き、缶切り、蚊帳…、色々ありますよね。
ただ手ぬぐいには美術工芸的な要素と、歴史文化的な要素が加わりますので、
ただの「忘れ去られた日用品」とは言い難く、それだけに魅力があるんです。

手ぬぐいの染め方には大きく注染と捺染があります。
そのうち、捺染はシルクスクリーンそのものですね。型も写真製版でらしいです。
方や注染は、多少自動化はされているものの、伝統的な染色技法で作られています。
この他に、板締めをはじめとする絞り染色もあります。
どれがいいかは個人の好みの問題ですね。

図書館に行くと、染柄のデザイン集がいろいろあって、眺めているだけで、
時が経つのを忘れてしまいます。
KIDS母さんも足を踏み入れたらきっと嵌りますよ~
2009/07/26(日) 11:07:54 | URL | ぽたろー #2Z5jlXfU [Edit
手ぬぐいも芸術品
「民芸」っていう分類になるんでしょうか?
手ぬぐいのやり方とは違うかもしれないけれど、高校、短大と美術科出身なだけに、シルクスクリ-ンとか版画をちょっとだけかじりました。
子どもも図工の授業で版画とかやってて、結構いい味出していました。
そういえば、「聖☆おにいさん」(←漫画です)では、ブッダがシルクスクリーンでオリジナルTシャツづくりにハマっていたっけ。
2009/07/22(水) 22:26:02 | URL | KIDS母 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。