04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2008.10.18 *Sat*

九州自然歩道の旅(8) 峠の茶屋~金峰森の駅みちくさ館/金峰山トレッキング

暑い間、しばらくのご無沙汰をしていた九州自然歩道の旅、秋本番を迎え、いよいよ再開!
今回は、熊本市民だったら誰でも知ってる山・金峰山を登るルートです。

ちょうど良い時間のバスが無かったので、峠の茶屋までクミに送ってもらいました。
9:10 出発です。
DSC04515.jpg

民家の壁に、こんなのが掲示してありました。
”サルすべり”って、いったい何だろう…
DSC04518.jpg

右手に金峰山の頂上が見えます。
あそこまで登る訳ね、結構きつそう…
DSC04521.jpg

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
九州自然歩道 金峰山探勝コース
島崎の岳林寺から金峰山山頂~岩戸観音~二の岳・三の岳を結ぶ金峰山県立自然公園内のコースを「金峰山探勝コース」と呼び、登山者に親しまれています。
コース内には、夏目漱石ゆかりの鎌研坂や峠の茶屋、宮本武蔵ゆかりの岩戸観音(霊巌洞)などの史跡や、鼓ヶ滝などの名所があり、県内に設定された12箇所のモデルコースの中でも最も利用者の多いコースです。
山頂からは、東に霊峰阿蘇、眼下に熊本平野、西には有明海や雲仙普賢岳などの素晴らしい景観が眺望できます。
山頂から西へスギ・ヒノキの国有林内を過ぎると、雑木林と人工林がおりなす山々、秋にはオレンジ色に染まったみかん園の山々が広がるコースです。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

登山口までは車道を歩きます。
道端のコスモスがきれいでした。
DSC04523.jpg

あったあった、カタツムリの標識、久々のご対面です。
DSC04525.jpg

10:06 登山口に到着。
ここから、いよいよ登山道に入ります。
DSC04529.jpg

森林の中を入って行きます。
DSC04530.jpg

と、いつもはブレーキ役のハシシが、一人でどんどん進んでいきます。
一体どうしたんでしょう…
DSC04535.jpg

途中、眼下に広がる熊本平野の素晴らしい眺望に目を奪われました。
DSC04541.jpg

今日のハシシは不思議と絶好調!
特に休憩も取らず、ぐんぐん進んでいきます。
ソシシもニィニィの手をとって、ニィニィを飽きさせないように遊びながら一緒に歩いてくれたので、とっても助かりました。
DSC04542.jpg

頂上も間近、登山道から車道に出ます。
DSC04545.jpg

10:57 頂上に到着。
峠の茶屋から3.1kmの距離で2時間かかりませんでした。超順調!
これもハシシとソシシのおかげです。もちろん、ニィニィも。
DSC04546.jpg

展望台からは有明海が見えます。
ちょっと空が霞んでたので、普賢岳は望めませんでした。
DSC04548.jpg

「お腹が空いた…」というので、早めの昼食を取りました。
DSC04551.jpg

展望台の手すりにはご覧のようにたくさんの南京錠が付けてありました。
これって何なんでしょう?
DSC04554.jpg

11:30 最後に、神社にお参りをして下山します。
DSC04557.jpg

下りは岩戸観音に向かうルート。
車道を出てすぐに登山道がありました。
DSC04559.jpg

こちらのルートはメインルートでは無いようで、道幅は狭く、行き交う登山者に出会うこともありませんでした。
しばらく急な下り坂が続き、苦戦する子どもたち。ガンバレ!!
DSC04560.jpg

1時間ほど歩いて、ようやく平坦な道に出てきました。
DSC04564.jpg

森林を抜けると、そこには見渡す限りにみかん畑が広がっていました。
DSC04569.jpg

「岩戸観音⇒」の標識を頼りに、みかん畑を過ぎ、人里に下りてきました。
DSC04573.jpg

赤とんぼ発見!
DSC04575.jpg

13:12 岩戸観音に到着。
(拝観料を取られたのが予定外だったけど、)五百羅漢を見て…
DSC04582.jpg

観音様の安置された霊巌洞の中へ…
DSC04583.jpg

ここで武蔵が五倫の書を書いたんですね。
DSC04585.jpg

岩戸観音を後にし、山を下り切ると、県道に出ました。
DSC04595.jpg

14:20 今日の最終目的地、金峰森の駅みちくさ館に到着。
DSC04597.jpg

バスの時間まで、ここで時間をつぶして、バスで帰りました。
DSC04599.jpg

久しぶりの九州自然歩道の旅、全行程8.2kmの歩き旅。
登山ルートもあり、かなりハードだったはずですが、子どもたちは泣き言ひとつ言いませんでした。
前回からの約半年の間に、子どもたちは驚くほど成長したようです。
いつものことながら、子どもたちのがんばりに感服。

で、結局、『サルすべり』って何だったんだろう…
(ム)
Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

かなぶんぶんさん、はじめまして。
うちのブログが人様のお役に立てたとは、なんともうれしい限りです。
毎回、山登りをする度に、子ども等の成長に驚かされます。
小学生ともなれば、ぐうたら親父と比べて、体力的にはさして変わりません。
回復力に限定したら、言わずもがなです。
性格がしっかり出る、か・・・そうそう、確かにそうですね(笑)。
山登りは理屈抜きに気持ちの良いアクティビティです。
熊本には近場に手頃な山がたくさんありますので、
いろんな山に挑戦されてはいかがでしょうか。
また遊びに来てくださいね。
2008/11/06(木) 22:09:24 | URL | ムカチョピン #2Z5jlXfU [Edit
はじめまして。この金峰山のページをみて、突然翌日子供たちとのぼってきました。本当によかった。家でゴロゴロしていることが多く、できるかなと不安がありましたが、歩くと子どもたちの性格がしっかりでますね。
小4、小1、年中の三人の子たちとても喜んで、きっとまた近いうちに出かけることになると思います。ありがとうございました。
2008/11/05(水) 20:33:05 | URL | かなぶんぶん #- [Edit
蛸鹿さん、ご無沙汰してます。
ホームページを拝見すると、我が家とは違い、着々と歩破されているようで何よりです。
蛸鹿さんの記録にも注釈されてましたが、みかん園から岩戸観音への行程で、どうやらルートを外れてしまったようです。先にホームページをチェックしといたら良かったです。
が、これもまた一興、楽しみの一つですよね。
2008/10/29(水) 20:38:04 | URL | ムカチョピン #2Z5jlXfU [Edit
お久しぶりです。熊本の蛸鹿(おすみおう)です。
金峰山の山頂は、とても見晴らしが良くて、お弁当食べるのには最高ですね。山頂展望台にある南京錠の数、以前より増えているような気がします。


2008/10/26(日) 12:01:44 | URL | 蛸鹿(おすみおう) #Zksf3.O. [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。