08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2006.11.27 *Mon*

ネット時代のマナーとは?

昨日、叔母夫婦のやっている食事処"和"に行ったときの話・・・

店を始めて2年近くになりますが、お客さんにも恵まれて、忙しい毎日を送っているようです。順調なのは結構なのですが、お客さんの中に、「ネットで美味しいという噂を見て・・・」という人が、ちらほらいるんだとのこと。

ITとは無縁の叔母夫婦。そうやって来てくれるのは嬉しいものの、自分達の全く知らない世界で、自分の店の評判が飛び交っていることに、戸惑いを感じているようでした。
「いい評判なんだから、いいんじゃないの?」と、その場ではお茶を濁したものの、叔母の店のようなところにも、ネットの影響が及んでいることに、ぼく自身、少なからず驚いた次第です。

郊外に、自宅を改築してひっそりと構え、本人達としては、住んでる地域の、ごくごく狭い範囲の人たちに、散歩がてらに気軽に来てもらえればと開いた店。それが、わざわざ、ネットでの評判を聞いて、遠くから訪ねてくれるお客さんがいるという現実は、それこそ想定外のことだったようです。

いい評判だけだったら良いものの、もし悪評でも立ったものなら、それを聞く叔母の心労はいかばかりか・・・そんな、いらぬ心配も沸いてきます。この時代、悪意をもって悪評を流布する人がいないとも限りませんからね。

不特定な一般の人を対象に開いた店ですから、いろんな評価に晒され、淘汰されるということは、ある意味仕方の無いことですが、それがITという、自分達では全く感知できない世界でのこととなると、その影響力からいっても、「そんなの気にしなくてもいいじゃん」で簡単に済ませるほど単純な問題じゃないですよね。

このブログでも、B級グルメと銘打って、いろんなお店の紹介をしています。基本的に、お気に入りのお店なので、悪意があるはずもなく、お店としても悪い気はしないはず・・・との前提で記事にしています。
が、今回の、叔母のような反応を目の当たりにすると、例えそうだとしても、記事にするには細心の配慮(自分なりのガイドラインみたいなもの)が必要だと感じた次第です。

ちなみに、このブログ、常連さん以外に、いろんな検索エンジンを使って入ってくる人たちがいらっしゃいます。
そういう人たちの、検索ワードのトップが何かというと・・・中華料理店として紹介した"香味彩"という店名なんですよね。
うちの記事を見て、参考にしている人が少なからずいるということです。
(イチロー)
| 雑感 |
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。