08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2008.02.24 *Sun*

九州自然歩道の旅(6) 峠の茶屋~岳林寺

九州自然歩道をえっちらこっちら歩く旅、
今回は金峰山近くの峠の茶屋から高橋稲荷神社を目指すルート。
峠を下って、岳林寺を経由し、白川沿いをのんびり散策しながらゴールを目指そうという魂胆です。
体調不良のクミは留守番、父子4人の旅となりました。

峠の茶屋までのバスの時間を気にしながら、急かされるように家を出たのですが、バス停に向かう途中、

「ん?・・・なんか、寒くない??」

思ったより外は寒くて、その割には薄着で出てきてしまったので、『大丈夫かなぁ・・・』と思いつつ、バスに乗り込みました。が、これが後で後悔をすることになるとは・・・

交通センターでバスを乗り換えて峠の茶屋に向かいます。DSC02979.jpg

10:45、峠の茶屋に到着。
かなり寒かったので、茶屋でだご汁でも食べようかなと思ったんだけど、かなりお高い値段だったので、已む無くあきらめました(苦笑)
DSC02981.jpg

いざ出発。くどいですが結構寒いです。
DSC02983.jpg

鎌研のバス停に差し掛かったところで道路が分岐してまして、自然歩道のルートガイドを見ると、ルートは本線をたどっているようなので、そのまま本線を下っていきました。
DSC02985.jpg

ガイドによれば、途中で右方向に枝分かれしているのですが、進めど進めど、分岐に差し掛かりません。
これはおかしいと思って、鎌研まで引き返しました。約30分のロス。
鎌研に戻って、ガイドにあるルートとはどうみても違うのですが、方角は間違っていないようなので、支線を下っていくことにしました。
DSC02986.jpg
(↑ココに見える階段に注目)

しばらく歩くと、こんな登山道がありました。
DSC02987.jpg

どうやらこれが自然歩道のルートだったようです。
そういえば、鎌研の本線に沿って、階段で降りていく道らしきものがあったもんね。そっちに行ってりゃ、ここに出た訳ですね。
登山道の標記は往々にして、登る人にはやさしく、下る人には冷たいもんです。

さらに下って、ようやく人里に出てきました。
DSC02988.jpg

かたつむり道標発見!
DSC02989.jpg

荒尾橋に差し掛かったところで左折、岳林寺を目指します。
DSC02992.jpg

かわいいワンコが顔を出して、ぼくらを迎えてくれました^^
DSC02995.jpg

結構歩いたところで、そろそろ岳林寺に着いてもいいころなのに、全くその気配がありません。
ここで地図を確認したら、荒尾橋を左折したのが間違いだったことが分かりました。

お昼も過ぎて、子ども達もお腹が空いたようなので、公園で昼食を取りました。おにぎりに魚肉ソーセージ、こんなもんでも子ども達はよろこんで食べます。
DSC02996.jpg

しばらく公園で遊んで・・・
DSC02997.jpg

地図を片手に岳林寺を目指し、なかなか風情のある小路を歩きます。
DSC03003.jpg

13:10、岳林寺に到着。
DSC03004.jpg

DSC03008.jpg

とにかく寒いし、好天も望めないし、高橋稲荷まではまだ結構遠いし、子ども達も疲れたっていうし、今回はここで断念することにしました。

今日歩いた距離の半分くらい、自然歩道のルートから外れてしまいました。
どんな小さな旅でも、やっぱ地図を確認することは大事ですね。
(ム)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。