07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2007.09.10 *Mon*

ファミリーキャンプ・13th(ハシシのバースデーキャンプ編)

ハシシの誕生日から一夜明けて、これまた誕生日記念として、ぼくとハシシ二人だけのキャンプに行ってきました。


~9/8(土) 初日~

今回はキャンプ場の新規開拓を兼ねてキャンプ場選びから始まりました。
本命は、温泉好きのハシシの為に、小国の山鳥の森オートキャンプ場に行こうと思ってたのですが、あいにくめったにない休みだということであえなく断念。
次に目星をつけていた久住のモーモーランドも、事前の電話がつながらず、開いてるのかどうかも分からないので、これまた断念。
結局、ネットでの調査の末、飯田高原のオートキャンプ場ふらっとに行くことにしました。
ムカチョピン一家初の熊本県外キャンプです。

9時過ぎに家を出発。
途中、買い物をしたりして、現地に到着したのはちょうど12時でした。
DSC01784.jpg

キャンプ場の名”ふらっと”の由来は、地形が平坦(フラット)なのと、ふらっ~と気軽に寄って欲しいと言う願いを込めてなんだそうで。
確かにフラットな地形で、場所選びに迷うことは無さそうです。
本日はぼくらともう一組の、ほぼ貸し切り状態でした。
DSC01783.jpg

キャンプ場の脇に流れる小川の近くにサイトを構えました。
今回はハシシと二人だけなので、テントは張らずに、リビングシェルターのみでやってみました。寝る時はコットを利用します。
DSC01778.jpg

軽い昼食の後、早速、小川で水遊び・・・って、何出しとんじゃ!!
DSC01777.jpg

この日の九重の天気は不安定で、時折、雨が降ってくるあいにくの天気でしたが、その分涼しく、快適に過ごせました。

夕方まで、虫を取ったり、野球をしたりして遊びました。
DSC01787.jpg

夕飯はハシシのリクエストでタコライスを。
分量が分からずに超大盛りとなりましたが、全部残さず食べてくれました。本当にタコライスが好きなんですね。
DSC01791.jpg

食後、これまたお楽しみの温泉へレッツゴー!
車で5分ほどの”山里の湯”へ。
珍しい炭酸泉で、体中が泡だらけに。湯面でパチパチと泡が弾けるのが分かります。湯温が40度と低めなので、熱いのが苦手なハシシも大満足。「鉄棒のにおいがするね」と、鉄分たっぷりのお湯の臭いを何度も嗅いでいました。

キャンプ場にもどったら、しばし焚き火を満喫。
ハシシもいろんな話をしてくれました。運動会の練習のこと、サッカー選手になりたいこと、お友だちのこと・・・二人っきりだからか、いつになく饒舌でした(笑)
DSC01796.jpg


9時にはハシシは就寝。
ぼくも、星空を肴にビールを味わった後、10時半頃には床に就きました。


~9/9(日) 二日目~

飯田高原の朝は寒かった・・・
身震いしながら目が覚めたのが6時。

昨夜は、ハシシがコットから落ちないか気になって、何度も目が覚めたんですが、ハシシも無事、落ちることなく朝を迎えることが出来ました(笑)

早速、カエルが遊びに来てくれました。
DSC01798.jpg

ほら、しっかり吹かないと、火が消えちゃうぞ。
DSC01801.jpg

朝食はいつものフレンチトースト。
DSC01803.jpg

実はこの日、オーナーさん家族に拠所ない事情があって、いつもはゆっくりチェックアウトできるところを、11時にチェックアウトする必要がありました。
そんなこんなで、午前中は慌しく時間が過ぎて行き、11時過ぎにはチェックアウト。キャンプ場を後にしました。

ここ、オートキャンプ場ふらっと、設備が充実している訳でもなく、それほど広くもなく、こじんまりしたシンプルスタイルのキャンプ場です。キャンプ場でゆったりとした時間を過ごすと言うより、九重観光やハイキング、トレッキングのベースキャンプとして利用するのに適したキャンプ場のように思えました。
また、管理人さんご夫妻のお人柄も良く、そういった意味では、初心者でも安心してキャンプできるキャンプ場でしょう。
惜しむらくは、サイトの芝の状態。芝というよりは草地でところどころに黒土がむき出しに。朝露の乾きも良くなく、濡れたり汚れるのを気にして、シェラフなんかを直置きできず、結構気を遣いました。

さて、早くチェックアウトした分、午後はゆっくりあるぞ。
ここはいざ、九重観光にでも出かけよう!!

先ず行った先は、日本一の吊り橋、九重”夢”大吊橋。
DSC01807.jpg

この吊橋、結構揺れます。
折からの強風と生来の高所恐怖症が相まって、怖いのなんのって。
DSC01812.jpg

渡りきって、展望台からの眺め。
これをまた渡って戻らないといけないと思ったら、涙がちょちょ切れそうでした(涙)
DSC01817.jpg

吊橋を後に、ランチを取ることに。
ハシシのリクエストで、カレーの食べられる店を探したのですが、子どもが食べられる、適当な辛さのカレーのあるお店がありません。
アチコチするうちに次の目的地に着いてしまいました。

着いたのは筋湯温泉郷。
ここでちょっとしたサプライズが。
本日9月9日は、9(九)が重なる日、つまり九重の日ということで、公共浴場やいくつかの旅館の温泉が無料開放されていたのです。
ハシシと二人、「こりゃあ、ラッキ~」と、名物の”うたせ湯”を皮切りに、3軒も梯子してしまいました。

おかげで、すっかり湯疲れしてしまった二人。
ランチ抜きのせいでお腹もペコペコ。
とは言っても、この時間(3時過ぎ)に食事を取ったら、夕食(クミの誕生祝い)にも支障があるので、ここはこのまま我慢して帰ることにしました。

でも、我慢出来ずに、途中でつまみ食いしちゃったけどね。
DSC01831.jpg

5時に帰宅。
ハシシも元気な声で「ただいま~!」

こうしてハシシとのツインキャンプは終わりました。
結構おしゃべりだったり、洗い物や後片付けの手伝いを率先してしてくれたり、いつもとは違ったハシシが垣間見えて、有意義な時を過ごせました。
観光もできたし、温泉も良かったし、あ~楽しかった。

(ム)
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

>COJさん
コメに気づかず亀レス失礼します。
ツインキャンプ、楽しいですよ。
COJさんも是非トライしてください。
二、三人用のツーリングテントが欲しくなりますよ(笑)
2007/09/18(火) 18:37:02 | URL | ムカチョピン #2Z5jlXfU [Edit
ツイン・キャンプいいですね。
ハシシ君の嬉しそうな表情がたまりませんね。
それにしても丸出しはマズイでしょうに、丸出しは。
2007/09/13(木) 11:28:17 | URL | ジェットシティのコンサルタント #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。