07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2007.08.07 *Tue*

夏キャンプを考える

前回のキャンプで11回目を迎えた、我が家のファミリーキャンプですが、これで四季を通して、ほぼ一巡したことになります。

始めたのが去年の秋からだから、真夏を経験したのは前回が初めて。
世間的にはキャンプのハイシーズンと言われていますが、ぼく的には、暑いし、虫が多いし、混むしで、良いとこないんじゃないかと思ってました。
でも、思っていたことと現実は結構違ったものでした・・・


まずは虫の問題。

我が家の場合、クミが虫が苦手だから(とはいっても、子ども達にきたわれて随分平気にはなったんだけど)、虫対策は絶対必要だと思っていました。
タープの代わりにシェルタータイプを買ったのもそのためでした。
だけど現実は違いました。

そもそも、虫は夜の光に誘われて寄り付いてくる訳ですが、陽の長い夏だと、照明に火を燈すころには食事も終わっており、暗くなっても左程強い光は必要としません。
うちみたいなささやかな光のオイルランプだと、虫は外灯や他のサイトの強い光に誘われてしまって、寄っては来ないんですよね。

という訳で、虫の問題は全くのノープロブレムでした。
この問題はむしろ、陽が短くなって、それでもまだ虫の飛び交う初秋に現われてきそうです。


次に暑さ対策。

これも風の通り道を上手く見つけてサイトを設けたら、あとはタープなどで光を遮ればなんとか凌げそうです。
だた、シェルターの場合、熱気が天井部に溜まりやすいので、暑さ対策にはちょっと不向きかな。開放性の高いタープの方が良さそう。
どうしても我慢できないときは、どこか涼めるところに出掛けましょう。

食材の保存は、我が家のようなロースペックのクーラーではとても心もとないんですが、歌瀬キャンプ場のように、冷蔵庫が利用できるところであれば、これも杞憂となります。

夏だから当然大量の汗をかきます。
冬のようにキャンプ中を風呂なしで過ごす訳にもいきません。
キャンプ場にあるコインシャワーを利用すれば手軽で良いけど、できれば、面倒でもちょっと足を延ばして、近くの温泉場なんかに行くようにしたいですね。
しっかり汗をかいて、身体を温めたら、夜風はこの上なく涼々しく感じます。
未明には20℃近くまで気温が下がりますから、寝苦しいなんてこともありません。


という訳で、すっかり、夏キャンプに自信を持ったムカチョピン一家。
これからは、“キャンプにシーズンオフは無い”を合い言葉に、月一キャンプに挑戦し続けます!!

あっ、この話はあくまで低山キャンプの場合であって、平場の海キャンプはこの限りでありませんから。

(ム)
| 雑感 |
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

おぉ、渓谷キャンプですか。
涼しそうで、川遊びなんかも楽しめそうですね。
矢谷渓谷ってどのへんなのかな?
レポ、楽しみにしています。
2007/08/14(火) 22:44:06 | URL | ムカチョピン #2Z5jlXfU [Edit
金・土曜に矢谷渓谷へ行ってきます。
2年ぶりのキャンプです。
COJさんちに便乗します。
何にも持っていない我が家、常設テントを借りる予定。
後日、顛末を報告しますね。
2007/08/13(月) 22:07:36 | URL | サッカーkidsの母 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。