07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2007.03.15 *Thu*

『竹田の子守唄』、知ってますか?

ラジオを聴きながら車を運転していたら、山本潤子の歌声が流れてきた。
山本潤子――『赤い鳥』から『ハイファイセット』を経て、現在はソロで活動する稀代のボーカリスト。ぼくはこの人の繊細で、それでいて厚みを感じる不思議な歌声が大好きだ。

『赤い鳥』時代のヒット曲『竹田の子守唄』を、たまにカラオケで歌ったりする。
今ではほとんど耳にすることが無いので知らない人も多かろう。実はこの唄、被差別部落にルーツを持つとして、放送禁止の憂き目に会った歴史を持っている。
京都の被差別部落で歌い継がれていた唄が、とある作曲家の目に留まったのをきっかけに、世間に広く知られるようになり、『赤い鳥』がこれを歌ってヒットさせた・・・というのだが、それと同時に部落との関連も囁かれるようになり、事なかれ主義の放送局が自粛するようになったというものらしい。

『五木の子守唄』も似たような境遇から生まれた唄で、二曲とも子守唄というより守り子唄、つまり、年季奉公に出され、子どものお守をさせられた貧しい少女たちの心の叫びを歌ったものだという側面の方が強い。
要は、少女達のブルーズでありパンクロックであった訳だ。
ちょっと昔、ヒートウェーブという博多出身のバンドがこの『竹田の子守唄』をロック調にカバーしたことがあったが、彼等はこの歌にソウルを感じたのだろうか。

ご存知の方はご存知の通り、『竹田の子守唄』は一度聞けば忘れられなくなる、心の奥深くに響くメロディーで、山本潤子のボーカルとあいまって、フォーク時代を代表する名曲のひとつであるにもかかわらず、現在ではほとんど耳にすることがないのが残念でならない。

山本潤子の歌声を聞いて、ちょっとセンチに昔のことを思い出しながら、めずらしく社会派的なことにも思いを巡らせてみた。
(イチロー)
| 雑感 |
Permalink *  CM(1) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

私も子守歌系の物悲しさは好きですねー。母が子供の頃よく歌ってくれていたので島原の子守歌が一番好きかなぁ。今も子供らに歌ったりします。島原の子守歌も「唐行きさん」を歌ったものだし、子守歌ってのは悲話を基にしたものが多いんですね…竹田の子守歌はちゃんと聞いたことはないので機会があれば聞いてみたいです。
2007/03/16(金) 00:50:32 | URL | マツ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。