06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2007.01.30 *Tue*

ヤフオク

ちょっと前の話になりますが、ヤフオクにて、売り方デビューを果たしました。

買い方としては、一度だけ経験があります。
もう廃盤になって手に入らないレンズが欲しくて、入札に参加。めでたく落札できたものの、初体験ということもあって、知らないうちに熱くなっちゃって、予定していた予算をオーバーしてしまったんです。
あとで調べたら、やっぱり相場の落札額よりも高めの金額でした。

いわゆる“ノークレーム・ノーリターン”が通用する世界ですから、現物を見るまで安心できず、ジャンク品を掴んでしまった夢まで見る始末(笑)
幸い、届いた品は美品の部類で、今でも愛用していますが、ネットオークションの面白さ、手軽さとともに、怖さを実感した次第です。

そんなこともあって、特にネットオークションにのめり込む事もなかったのですが、事情があって、売り方として再登板することになりました。(詳しい事情を知りたい人はココをクリック!)

出品したのは愛用してきたカメラです。
いざ出品するとなると、少しでも高値で売りたいもんだから、いろいろ考えることがあって大変です。欲しい人の目に付く写真はどんなか?とか、気を引くコメントはどんなか?とか、開始価格はいくらがいいか?とか・・・自分が入札する立場だったらどうかを考えて、他の出品物をリサーチして、なんとか納得のいく出品にこぎつけました。

入札期間は6日間を設定。
入札終了日の曜日とか、時間によっても、価格が左右されるそうなので、この辺も念入りに(笑)

出品して1時間もしないうちに最初の値がついたのにはビックリ!
そこから先は、なかなか進展しなかったものの、ウォッチリスト(価格動向を登録して眺めてる人)の数は確実に増えていきます。

3日目以降は、日に何件かの入札者が出てくるようになり、手ごたえも沸いてきました。

5日目、最終日を明日に控え、ついに入札価格がぼくの予定価格に達しました。ホッとしたのと同時に、あと1日でどれくらいまで値が上がるのか、ワクワクしてきました。

最終日の朝、価格に目をやると、ぼくが勝手に想定した、最高価格ラインに達しようとしています。
この事態に至って、ぼくの心に、妙な気持ちが沸いてきました。

「これ以上高値がついたとして、ぼくのカメラにそこまでの価値があるのか?入札者はどれくらいの品質を見込んで入札してるんだろうか?もし認識に食い違いがあって、揉め事になったらどうしよう・・・」

興奮のドキドキが不安なドキドキに変わりました。
それから一日、価格の動向を気にしながら、「これ以上は上がらんでくれ~。俺は責任持てんぞ~」と心の中で祈っていました。

その日の夜、願い虚しく、終了時間が近づくにつれ、価格はどんどん上がっていきます。「もういいよ~、止めてくれ~」そう叫びながら終了時間を待ちました。

終了間際、一人の入札者が現れました。カウントが新規、つまりオークション歴ゼロの入札者です。
いろんな人が価格を更新しても、この人が更に高値で更新してきます。入札初体験の時のぼくを思い出しました。この人も、初体験だから、きっと熱くなってるんだろうなあ。だから応援する気にもなれず、大丈夫なのかなあ・・・と思うのみでした。

結局、この人が落札。
落札額はぼくの予想をはるかに上回る、予定価格の2倍近い高値となりました。

あまりの価格に面食らったぼくは、つい、送料とリバーサルフィルムのサービスを申し入れしてしまいました。取引が穏便に済むようにとの願いをこめて。

落札者は、出品した型のカメラがどうしても欲しかったらしく、手に入れることができて、「とってもキレイで満足!」と喜んでいらっしゃいました。今のところ、クレームも無く、無事に取引は終わりそうです。

売り方を体験してみて・・・
買い方以上に気を使うことが分かりました。何分、気が小さいぼくですから、あれこれと考えてしまって。言い値で即決的な取り引きだと気も楽なんでしょうが、少しでも高く売りたいという別の自分もいたりして、相容れない気持ちが交錯して、精神的に非常に堪えました。
場数を踏めば、その辺、割り切っていけるんでしょうか?

近々、もう一品、出品を予定しています。
今回以上の高値を期待している品です。
今回以上のドラマがあったら、また報告します。
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。