FC2ブログ

This Archive : 2007年01月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2007.01.30 *Tue*

ヤフオク

ちょっと前の話になりますが、ヤフオクにて、売り方デビューを果たしました。

買い方としては、一度だけ経験があります。
もう廃盤になって手に入らないレンズが欲しくて、入札に参加。めでたく落札できたものの、初体験ということもあって、知らないうちに熱くなっちゃって、予定していた予算をオーバーしてしまったんです。
あとで調べたら、やっぱり相場の落札額よりも高めの金額でした。

いわゆる“ノークレーム・ノーリターン”が通用する世界ですから、現物を見るまで安心できず、ジャンク品を掴んでしまった夢まで見る始末(笑)
幸い、届いた品は美品の部類で、今でも愛用していますが、ネットオークションの面白さ、手軽さとともに、怖さを実感した次第です。

そんなこともあって、特にネットオークションにのめり込む事もなかったのですが、事情があって、売り方として再登板することになりました。(詳しい事情を知りたい人はココをクリック!)

出品したのは愛用してきたカメラです。
いざ出品するとなると、少しでも高値で売りたいもんだから、いろいろ考えることがあって大変です。欲しい人の目に付く写真はどんなか?とか、気を引くコメントはどんなか?とか、開始価格はいくらがいいか?とか・・・自分が入札する立場だったらどうかを考えて、他の出品物をリサーチして、なんとか納得のいく出品にこぎつけました。

入札期間は6日間を設定。
入札終了日の曜日とか、時間によっても、価格が左右されるそうなので、この辺も念入りに(笑)

出品して1時間もしないうちに最初の値がついたのにはビックリ!
そこから先は、なかなか進展しなかったものの、ウォッチリスト(価格動向を登録して眺めてる人)の数は確実に増えていきます。

3日目以降は、日に何件かの入札者が出てくるようになり、手ごたえも沸いてきました。

5日目、最終日を明日に控え、ついに入札価格がぼくの予定価格に達しました。ホッとしたのと同時に、あと1日でどれくらいまで値が上がるのか、ワクワクしてきました。

最終日の朝、価格に目をやると、ぼくが勝手に想定した、最高価格ラインに達しようとしています。
この事態に至って、ぼくの心に、妙な気持ちが沸いてきました。

「これ以上高値がついたとして、ぼくのカメラにそこまでの価値があるのか?入札者はどれくらいの品質を見込んで入札してるんだろうか?もし認識に食い違いがあって、揉め事になったらどうしよう・・・」

興奮のドキドキが不安なドキドキに変わりました。
それから一日、価格の動向を気にしながら、「これ以上は上がらんでくれ~。俺は責任持てんぞ~」と心の中で祈っていました。

その日の夜、願い虚しく、終了時間が近づくにつれ、価格はどんどん上がっていきます。「もういいよ~、止めてくれ~」そう叫びながら終了時間を待ちました。

終了間際、一人の入札者が現れました。カウントが新規、つまりオークション歴ゼロの入札者です。
いろんな人が価格を更新しても、この人が更に高値で更新してきます。入札初体験の時のぼくを思い出しました。この人も、初体験だから、きっと熱くなってるんだろうなあ。だから応援する気にもなれず、大丈夫なのかなあ・・・と思うのみでした。

結局、この人が落札。
落札額はぼくの予想をはるかに上回る、予定価格の2倍近い高値となりました。

あまりの価格に面食らったぼくは、つい、送料とリバーサルフィルムのサービスを申し入れしてしまいました。取引が穏便に済むようにとの願いをこめて。

落札者は、出品した型のカメラがどうしても欲しかったらしく、手に入れることができて、「とってもキレイで満足!」と喜んでいらっしゃいました。今のところ、クレームも無く、無事に取引は終わりそうです。

売り方を体験してみて・・・
買い方以上に気を使うことが分かりました。何分、気が小さいぼくですから、あれこれと考えてしまって。言い値で即決的な取り引きだと気も楽なんでしょうが、少しでも高く売りたいという別の自分もいたりして、相容れない気持ちが交錯して、精神的に非常に堪えました。
場数を踏めば、その辺、割り切っていけるんでしょうか?

近々、もう一品、出品を予定しています。
今回以上の高値を期待している品です。
今回以上のドラマがあったら、また報告します。
(イチロー)
スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.29 *Mon*

ソニー α100

P1040467.jpg

ついにデジ一(デジタル一眼レフカメラ)買っちゃいました。
冬のボーナスからお小遣いをもらっちゃったもんで衝動買いです。

今持ってるレンズの資産を活かすために(て言うか、今更、他メーカーのレンズを揃えるほどのお金も無いため)、α100にしました。

衝動買いではあることには間違いないんですが、綿密な(?)ウラもあるんですよ。

デジ一の世界は、仕様的にはある程度まで行き着いた感があり、やがて主流となるであろうフルサイズCCDカメラは、一時は高嶺の花に違いない訳で、α100は出て半年ほど経って、ずいぶん値頃感も出ていているし、今が買い時と判断しました。

値頃感が出てきたとはいっても、小遣いを叩いて、キャッシュでポン!という訳にもいきません。他にキャンプ道具も揃えないといけないし・・・

そこで、費用の一部を、手持ちの銀塩カメラをオークションで売って、賄うことにしました。(オークションの顛末はココから)

そうと決めたら即行動!
キタムラで価格交渉の末、満足いく回答が出たもんで即決即買い。
あとは、クミにどう説明するかです(笑)

クミには、今が買い時であること、オークションで半分以上の費用捻出の(勝手な)見込みがあることを、とつとつと説明しました。
とはいっても、もう買ってしまったもの、どうしようもありませんよね。それを分かってか、クミからは特に意見はありませんでした。ちょっと呆れてたっぽいけど。

で、インプレッションは・・・と、ゴタゴタ並べるのは止めましょう。
それよりなにより、空白のままの写真カテゴリーを少しずつ埋めていかねば。
その点は、フイルムをいちいちスキャンするような手間が要らないんで、どんどん掲載できるはず(?)です。

ということで、お楽しみに~
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.28 *Sun*

おかえり、ニィニィ

ニィニィがドナドナと一人矢部に行って4日が経ちました。
電話で聞く限りは淋しがることなく、元気一杯に過ごしているみたいだけど、ニィニィはニィニィなりに、自分の置かれた状況を察して、精一杯、気丈に振舞っているんではないかと考えたら、とても切なくなって、まだクミは本調子ではないけど、そうそう矢部に置いておくのも可哀想だと、迎えに行くことにしました。

久しぶりにニィニィに会えると思ったら、こちらもこみ上げてくるものがあります。どんか顔してぼくらを見るだろうか。会う前からドキドキです。

で、矢部に着いたら・・・寝てました(笑)
無理やり起こして、こんなぶしゃいく顔。
DSC00166.jpg

目を覚ましたニィニィは、特別懐かしむ様子もなく、普段と変わり無い様子で、ちょっと拍子抜けしました。
DSC00177.jpg

どうやら、心底、矢部での生活を楽しんでいたようですね。
心なしかちょっと太ったような・・・(笑)

心底楽しんだのは、じいちゃん、ばあちゃんも同じで、情がうつって手放したくない様子。
時間が経つにつれて、ニィニィとは対照的に、淋しそうなじいちゃん、ばあちゃん。
DSC00181.jpg

すっかりじいちゃん子になってたニィニィ。
DSC00186.jpg

矢部のじいちゃん、ばあちゃん、どうもお疲れ様。そして、ありがとう。
二人とも、「今回ので懲りて、矢部に来たがらん様になりゃあせんどか?」と心配してたけど、そんな心配はなさそうだよ。
「また、やべ、いく」ってさ。
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.27 *Sat*

寅さん、ありがとう・・・

NHK-BSで3年がかりで放映された、『男はつらいよ あゝ失恋48連発』が、今日の『男はつらいよ 寅次郎紅の花』で最終回となった。
これで、ぼくの楽しみの一つが無くなった・・・

最終作は、寅さんこと渥美清も満身創痍、渥美本人は押し隠そうと演技したそうだが、やはり病に蝕まれた身体は、見るからに痛々しく、それでも、内から湧き出る映画にかける情熱というものに、鬼気迫るものを感じた。

寅さん最高!

寅さん映画の魅力をみんなに伝えたいんだけど、言葉にするのは難しくて、だから、「みんなも寅さん映画を観よう!!」と言いたい。

寅さんと一緒に泣き笑い、怒り悲しもう。寅さんの名セリフに耳を傾けよう。目を伏せて、寅さんの語る『アリア』に聞き入ろう。寅さんと一緒に旅に出て、いろんな人との出会いを楽しもう。そして、人を好きになろう、愛そう。
つらい時、悲しい時、寅さんはそっとぼくらの肩に手をかけて慰めてくれる。何かに迷った時、寅さんはぼくらに勇気を与えてくれる。人とは何か、愛とは何か、人生とは何かを、教えてくれる。

寅さん映画を観終わると、ぼくはいつも、日本に生まれて良かった、日本人として生きてこられて良かったと、心からそう思う。ぼくはこの映画に、日本の原風景を見る。単なるノスタルジーではなく、日本人に脈々と流れる血のDNAをそこに感じる。

空論かもしれないけど、日本人全員が、家族と一緒に寅さん映画を観たら、社会に蔓延るいじめとか差別とか、そんなもん消えて無くなるのにって、本気で思ったりもする。

寅さんはスクリーンの中でこんなことを言っている。

「例えば、日暮れ時、農家のあぜ道を一人で歩いていると考えてごらん。庭先にりんどうの花がこぼれるばかりに咲き乱れている農家の茶の間、灯りがあかあかとついて、父親と母親がいて、子供達がいて賑やかに夕飯を食べている。これが・・・これが本当の人間の生活というものじゃないかね、君。」

「何て言うかな、ほら、あー生まれて来てよかったなって思うことが何べんかあるだろう、そのために人間生きてんじゃねえのか?」

ぼくも寅さんみたいになりたい。
不器用で、自分勝手なところがあるけど、虚勢を張らず、等身大で、自分に素直でありたい。いろんな人との出会いを大切にしたい。そして、家族を愛し、大切にしたい。

最後に、今は亡き渥美清、脇を固めた笠智衆(御前様)、下條正巳(おいちゃん)、関敬六(ぽんしゅう)等、名優達の冥福を祈りたい。合掌。
(イチロー)
| 雑感 |
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.26 *Fri*

ほっこりする時間

keiさんに触発されて、夕べからハンドメイド魂がメラメラ燃えていました。
どこかにしまい込んだ毛糸玉をガサゴソ探すこと30分。
あった♪見つけたぞ、毛糸玉!!

薬をもらうため出向いた病院の待合室で編み編み、編み編み。
名前を呼ばれたのにも気付かず没頭・・・編み編み、編み編み。

久しぶりの編み物。出来上がったのは・・・
イッチャンの腹巻でもなく、子どもたちの帽子でもなく、
『アクリルたわし』    なーんか所帯染みてますねぇ。

『アクリルたわし』って蛍光色が代表的で、なんだか苦手でした。
こんな色なら違和感ないかな。 でもすぐに汚れちゃう?
P1040456.jpg

ハンドメイド魂が乗ってきたので、子供用のハンガーもリメイクしてみました。
雑貨屋さんのパクリです。
P1040453.jpg

たいした出来ではないけれど、手作りの時間っていいなぁ~。
ほっこりした気分になれました。

(クミコ)

| 手芸 |
Permalink *  CM(3) *  TB(1) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.25 *Thu*

親いらず?

朝:矢部の母より
「ご機嫌で起きてこらして、さっき大盛りのご飯ばペロリと食べらしたよ。まだ『お母さん』とは言わっさん」


夜:またまた矢部の母より
「お昼ごはんも晩ご飯もいっぱい食べらした。
 今からお風呂入らすよ。なーんも変わったことはなかよ」

昨日から「ご飯をいっぱい食べた」ばかり聞いてるような・・・

(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.24 *Wed*

いってらっしゃ~い

昨日の夕方、肋骨の痛みをこらえながら激しい咳をしていたらゴキッと音がしました。
ゴキッ?!
音と共に走る激痛!さっきより明らかに痛みが増したぞ!
これって新しいヒビが入ったってことかしら・・・(涙)

一夜明けても痛みは激!激!のまま。
昨日まではなんとかできていた動作も今朝はつ、つらい。
そんな私にお構いなしでニィニィは「抱っこ~」と全速力で駆け寄ってきます。
ギャー!!激痛!

そんなこんなでしばらくの間、矢部の両親にニィニィを預かってもらうことにしました。
「ニィニィ、ひとりでじぃちゃんんちに行ける?」
「うん、行く」
口では「行く」と言いながらも、実際は行けないんじゃないか、と思っていましたが・・・

バッグに着替えやパジャマを詰めて、「これがニィニィのお着替えね」と説明すると、ニィニィはダッシュで子ども部屋へ。
戻ってきたニィニィの手にはお気に入りの絵本3冊、お人形2つ。
それをポイ、ポイとバッグに入れて、自分より大きなバッグを担ぎ
「行ってきまーす」と靴をはこうとしていました。
まだお迎えのじいちゃんたちも来てないし、そんなに意気揚々と出かけなくてもいいじゃんっ。

お迎えに来てくれたおじいちゃんたちの方が「一人で泊まれるだろか?」と不安そうでしたが、当の本人はどこ吹く風、
ウキウキ♪ルンルン♪で車に乗り込み、元気に手を振って初めての独りお泊りに出かけたのでした。


ニィニィがいない我が家はとても静かです。
ソシシとハシシはそれぞれの遊びに集中できるし、私はニィニィがいない分、気持ちに余裕ができてソシシたちにいつもより優しく接することができるような気がします。

夜、ニィニィの様子が気になり電話してみました。
「なーんも心配することはなかよ。
 ご飯いっぱい食べて、ご機嫌で遊びよらす。
 『お母さん』の『お』の字も言わっさん」とのこと。

やっぱりね。
ホッとしたものの、それはそれでちょっと寂しいなぁ・・・

(クミコ)

Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.23 *Tue*

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 極太アミセカンドグリル

焚き火が定番の、この時期のキャンプ。焚き火の火が使えるので、ツーバーナーを持ち込むのはオーバースペック。だから、シングルバーナーを一つだけ持ち込むようにしてます。
でも、シングルバーナーに直載せだと、大きな鍋だとちょっと不安定で、子どもが引っ掛けでもしたら大きな事故につながりそうで心配・・・

そこで見つけたのがこれです。
DSC00110.jpg

プリムスのシングルバーナーにジャストフィットで、直載せするより安定感抜群。広さもそこそこあるので、手頃な鍋なら2つ並べて置けます。
シングルバーナーを2つ並べて、簡易なツーバーナーにすることもできます。

たたんで省スペースに収納できますので、いかに持ち物を減らすかがテーマの我が家にもってこいの小道具です。
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.22 *Mon*

咳の威力

昨日、キャンプからの帰り、途中、矢部の実家に寄って、夕食をごちそうになって、夜遅くに帰ってきました。
家に着くやいなや、クミが「なんか右胸が痛い・・・」と言い始めました。
「咳のせいでろっ骨でも折れたんじゃ?」と軽口で返したものの、見てると、とっても痛そうです。
ネットで調べてみると、気胸、肺塞栓、はたまた結核まで、症状を当てはめようと思ったら、どんどん出てきます。
心配になって、今日、病院に行ってもらいました。

結果は・・・ビンゴ!
ろっ骨の骨折だそうです。咳のせいで。
お年寄りにはよくあるここと聞いたことがありますが、まさかクミがこんな目に遭うとは、これも3人の子どもに母乳を吸い尽くされた影響でしょうか?

とにかく、咳が治まらない事には、全治も何もあったもんじゃないそうです。でも、患ってる肺炎が完治するには、あと2週間はかかるとのことで、しばらくは、受難の日々が続きそうです。

みなさんも、たかが咳と侮ること勿れ。
健康第一!
(イチロー)
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.21 *Sun*

ファミリーキャンプ・5th(雨中の撤収はつらいよ編)~2日目~

目が覚めた時は、辺りはもう明るかったので、7時半は回ってたでしょうか、キャンプ2日目の朝は焚き火で始まりました。
DSC00142.jpg

子ども達も火熾しを手伝ってくれて、燃える葉っぱ(スギの枯葉)を集めてきて焚き火にくべてくれます。せっせ、せっせと働きアリのように集めてきてくれますので、煙いったらありゃしない(笑)

火遊びもほどほどにね、ハシシ
DSC00145.jpg

天気予報を確認したら、降水確率が30%から40%に上がってました。1月だというのに(昨日は大寒だったんですよね)全然寒くないし、この時点でいやな予感はしたんです。

朝食は簡単に、トーストにホットミルク、スープにレタスとベーコンの炒め物。
DSC00147.jpg

朝食を終え、サッカーをして遊んでいると、クミから電話が。
体調も良さそうなので、こっち(歌瀬)まで、お弁当を持って出て来るとのこと。

時を同じくして携帯にメールが。
COJさんファミリーが、「これから遊びに来ま~す」だって。
ブラボー!

これには、ソシシもハシシも大喜び。
トランプの準備なんかもしたりしてのお待ちかねです。
DSC00148.jpg

12時前にCOJさんファミリーが、そして程なく、クミとニィニィも到着。
DSC00150.jpg

みんなで、シートでも広げてランチをとろうかという時に、あぁ・・・、ポツポツとやってきちゃいました。雨ですよ、雨。
すぐに止むかと思ったけど、時間が経つにつれて雨足は強くなる一方。
しかたなく、シェルターの中でランチをとることに。
DSC00151.jpg

ここから先はご想像の通りです。
2時半頃まで粘りましたが、結局、雨が止むことはなく、雨に打たれながらの撤収とあいなりました。

でも、この撤収劇、つらかったけど、いい経験ができました。

・幸い、車が2台ありましたので、濡れたテント類はざっと一まとめにして、1台に放り込んで持って帰ることができました。車1台の時でも、濡れたものを隔離できるような対策を、あらかじめとっておく必要がありますね。
・シェルターは雨除けになって、ずいぶん助かりました。値が張った分、威力を発揮。買って損はなかったって感じ(笑)
・我が家のテント・ユニフレームAG-SIXも、フライシートを自立させたままインナーをたたむことができますので、インナーは濡らさずに済みました。
・今回は土砂降りにこそなりませんでしたが、土砂降りを想定して、レインジャケットなどを装備しておくことも必要でしょう。
・11月のキャンプもそうだったけど、降水確率40%は、必ず降るものと思った方が良さそうです。

それにしても、我々大人が右往左往している間、子ども達は雨なんてお構い無しに、ずぶ濡れになって外で遊んでました。
ソシシ曰く、イタチの巣穴を見つけたんだそうです。中にはイタチがいて、手をのばしてみたら触ることができたんだと。冬眠してたのかな?
嘘をついたり、大風呂敷を広げたりするような子ではないので、イタチかどうかは別にして、多分本当なんでしょう。今度行ったとき、ぼくも覗いてみようと思います。

最後に、
COJさんご一家、来てくれてありがとう。でも、この雨でちょっと消化不良に終わっちゃいましたね。それに、雨の中で撤収の手助けまでしていただいて、ほんと助かりました。謝謝!
近いうちにリベンジしなきゃね。

(イチロー)



さてさて、濡れたテントはどうしたもんか・・・
どこか近くに、テントの日干しができるような公園か広場はないかしら・・・
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.20 *Sat*

ファミリーキャンプ・5th(雨中の撤収はつらいよ編)~初日~

年頭に、「月一キャンプ」を公約に掲げた以上、最初の1月で、公約を反故にする訳にはいかんと、キャンプのタイミングを伺っていたのですが、「週末は曇りこそすれ、雨は降らないでしょう・・・」という天気予報を信じ、今年最初のキャンプに出掛けました。

いざ行こう!と決断した金曜日の朝、今回は誰も病気をしてません。順調です。「今回は全員参加できるかな」と、夜遅くまでがんばって、仕事を片付けて帰った金曜日の夜、帰宅してみると、クミが咳き込みながら、息をゼ~ゼ~言わせてます。微熱もあります。

いや~な予感・・・

とりあえず、土曜日の朝一番に病院に行くことにして就寝しました。
翌朝、当然のことながら、いやな予感は的中。先月にハシシを襲ったウイルス性肺炎がうつったようです。

これじゃあ、行けそうもないね~。

でも、前夜、キャンプに行くことを告げ、行く気満々で朝を迎えた子ども達が収まるはずがありません。で、結局、ぼくとソシシ、ハシシの男組で行くことにしました。

それにしても今回で3回目のリタイアとなったクミ。何かが憑いて邪魔してるのか、キャンプの神様に見放されたのか、はたまた方角が悪いのか、ほとほとキャンプ運が無いようです。

で、向かった先は、○○のいっちょ覚えと言われそうですが、またまた歌瀬キャンプ場。途中、矢部の実家で、ストーブと薪を補給して、現地に到着したのが1時頃。天気は快晴、絶好のキャンプ日和と思いきや、我が家だけの貸し切り状態でした(笑)

昼食後、今回も一人でサイトを設営。手際もだいぶマシになって、明るいうちに子ども達と野球やサッカーをして遊ぶことができました。

途中、オーナーさんが来られ、「キジを捕まえてきたんだけど、ここで放すよ~」と、放すところを見せてもらいました。

すぐには飛び立たず、崖の所まで走って飛び去っていったキジ
DSC00115.jpg

夕飯はタコライスにしました。
DSC00122.jpg

このタコライス、レシピが簡単で、アウトドアにはぴったり。それに、店で食べるのと遜色ないくらい、美味しく出来上がりました。
DSC00123.jpg

DSC00124.jpg

ビックリしたことに、偏食で、カレーとラーメンとから揚げ以外は、なかなか美味しいと言わないハシシが、一口食べて「美味しい!!」と絶叫。辛さを抑えたとは言え、ハシシにはちょっと辛いであろう味付けもなんのその、「辛い、辛い」を連発しながら、水をがぶがぶ飲みながら、それでも「うまい、うまい」と食べ続け、挙句の果てには、ソシシの食べ残しもペロリとたいらげる始末。そして最後に「明日もコレ食べたい~」と一言。ここまでくると、作った甲斐があるってもんです。
タコライスはこれからの我が家の定番料理になりそうですね。

夜、管理人さんが、「寒いでしょうから・・・」と、小さい焚き火を作ってくれました。
DSC00129.jpg

満天の星の下、焚き火とお酒を一時楽しんで、ほろ酔い気分で早めに就寝しました。

深夜、ふと目を覚ますと、テントを叩く雨音が聞こえてきました。
「えっ、雨が降ってんの?」と思いながらも、どうせ通り雨だろうと、そのまま寝入りました。
まさかこれが、翌日に見舞われる災難の序章だとも知らずに・・・

つづく
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.19 *Fri*

導入保育①

今日は幼稚園の導入保育。
ニィニィはまだ年少さんまで1年あるのですが、先生から「遊びに来ませんか?」と声をかけてもらったので、参加させてもらうことにしました。

「ニィニィ、幼稚園に行く?」と聞くと「行く!!」と即答のニィニィ。
試しにリュックと制帽を見せると、「ニィニィの?」と目がキラキラ☆嬉しそうです。
制服もどきに着替えて、リュックと制帽をセットすると、なんちゃって幼稚園生の出来上がり~
P1040451.jpg

園に着くまでは嬉しくて超ご機嫌、大声でオリジナル曲を熱唱のニィニィでしたが、先生に迎えられると、いつもと違う待遇に戸惑い緊張のスイッチON!
妙にしおらしい女の子に変身して、教室に入っていきました。
ニィニィが興味を持ったのはパズル。
いろんな種類のパズルをあれこれ試していました。
P1040450.jpg

顔見知りのお兄ちゃん、お姉ちゃんたちにお世話してもらい可愛がってもらったニィニィはとても楽しそうでした。
そんなニィニィを心配して、隣のクラスのソシシは廊下からこっそり偵察。
「教室に戻りなさいっ」と追い払いましたが、しばらくすると今度は教室の奥のトイレのドアの隙間から心配そうに覗き込んでいました。
余程ニィニィが可愛いんでしょうね・・・
ニィニィは皆に可愛がってもらって幸せものです。

(クミコ)
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.18 *Thu*

ハイエナ

今日もハシシは夕飯の途中で睡魔に倒れてしまいました。
P1040448.jpg

そのハシシをお布団に運んで、テーブルに戻ると・・・
ハシシの残したおかずはハイエナ2匹に食べ尽くされていました。

ソシシがハイエナになるのは分かるけど、ニィニィ、あなたは女の子なんですよー

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.17 *Wed*

パン作り

ソシシ、ハシシにたがわず、ニィニィもお手伝いがブームです。
特にお料理が大好き♪

今日もおやつのクリームパン作りに「おてつ(お手伝い)するぅー」とヤル気マンマンでスタンバっていました。
「丸めればいいんでしょっ。簡単、簡単」
P1040439.jpg

「はいよっ、ほら出来たぁ」
P1040437.jpg

途中つまみ食いが多すぎて、クリームが足りなくなってしまいました・・・

焼き上がり直後、「まだ熱いよ」と言ったのに我慢できずに速攻試食!
「アチッ」
P1040443.jpg

「ん~、焼きたては美味しいですわ♪」
P1040441.jpg



なぜか浮かれ気分だったニィニィ。
サングラス着用でご飯を食べていました。バカ娘?
P1040446.jpg

「おいしいご飯が食べられて、幸せだわん。グフッ」
P1040445.jpg


(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.16 *Tue*

誰がいるの?

朝ごはんを食べていたソシシがいきなり変なことを言い出しました。
「ボクの後ろに誰かいる?」

誰かいるって?誰もいないよ。

「ホラ、誰かがボクの肩をグッと押しているよ」

だから、誰もいないって・・・

「あっ!肩が軽くなった。もういなくなったみたい」

そういって、何事もなかったようにご飯を食べ出したソシシ。
ねぇ、誰がいたんですかぁ?

(クミコ)
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.14 *Sun*

力関係

なぜかニィニィはハシシに対して強気です。

ニィニィの車をハシシがちょっと拝借。
それを目ざとく見つけたニィニィは猛ダッシュでハシシにタックル!!
「ちょっとぉー、降りなさいよぉーっっ」
P1040412.jpg

「ニィニィ、痛いよ・・・」  「ええい、力ずくで降ろしてやるっ」
P1040413.jpg


この敵対心、ハシシに対してだけなんですよね。何でだろう?
ハシシ、くじけないでね。

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.13 *Sat*

元気の森に行ってきました

DSC00066.jpg

最近、子ども達向けのお出かけがほとんどなかったので、その罪滅ぼしというわけではありませんが、阿蘇ファームランドに出かけてきました。
目的は“元気の森”。
前に一度行こうとして、年齢的にまだ早いかなと、入場を断念したことがあったんですが、ソシシもハシシも、もう大丈夫だろうと行ってみた訳です。

元気の森とは、“世界で初めての健康体感施設”との触れ込みで、身体と頭を使って、31ある装置で思いっきり遊ぼうというものです。
この日の阿蘇は、5度を下回る気温で、とても寒かったのですが、子ども達にはそんなの関係なかったみたいに大はしゃぎです。
DSC00053.jpg DSC00054.jpg
DSC00052.jpg DSC00055.jpg DSC00060.jpg
DSC00058.jpg DSC00065.jpg
DSC00077.jpg DSC00085.jpg DSC00081.jpg
DSC00078.jpg DSC00049.jpg

思いっきり遊んだ後は、同じ施設内の火山温泉へ。
この温泉も、いろんなアロマの湯、洞窟湯、岩盤浴、薬湯だのがあって、子ども達も大喜び。1時間半ほど、たっぷり楽しんで、冷えた身体もポッカポカ。熱いお湯が苦手なハシシも大満足で、お湯の熱さも忘れて、あれやこれやとお湯をハシゴして周ってました。

お風呂上り、光のイルミネーションに彩られたアーチの下で。
P1040408.jpg

元気の森にしたって、火山温泉にしたって、大人から見ると、奇をてらっただけの、ちょっと子どもだましのような気がしないでもないんですが、そんな考えとは裏腹に、子ども達にとってはとても新鮮で、ワクワク・ドキドキさせるものだったみたいです。(だから子どもだましなのかもしれませんが。)

お出かけ場所選びは、何が子どもにハマルのか、未だによく分かりません。それでも、大人の独りよがりにならないよう、子どもの目線でも見るように心がけないといけないなぁ・・・と感じた次第です。
そう言えば、以前連れてったウルトラマンランドも、あんなちゃちな展示や遊具でさえ、子ども達には楽しかったみたいで、ハシシなんか、事ある度に「ウルトラマンランドに行きたいな・・・」なんて言ってます。その希望はまだ叶ってませんが、そのうち、連れてってあげることにしましょう。
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.12 *Fri*

朝青龍

本日、ニィニィが会得した芸“朝青龍”

「ニィニィ、朝青龍して!」

いきますよー
P1040401.jpg

ハイッ!あさしょーりゅぅー
P1040402.jpg

(クミコ)
Permalink *  CM(1) *  TB(1) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.11 *Thu*

魔の時間

夕方6時半はハシシにとって魔の時間。
睡魔との闘いです。

後ろにユラ~リ
P1040397.jpg

横にユラ~リ
P1040398.jpg

最後は前にガクッ
P1040399.jpg

7時には撃沈してしまったハシシです。

(クミコ)


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.10 *Wed*

卒ティッシュ

お気に入りのタオルやガーゼが手放せない子っていますよね。
ニィニィはティッシュです。いつでもどこでもティッシュが離せないニィニィ。
朝起きたら開口一番「ティッシュ!」。
寝付くときもティッシュをギュッと握り締めています。
ボロボロに擦り切れるまで持ち続け、ほとんど形がなくなってしまうと新たに「ティッシュ!」と催促です。

ニィニィにとって精神安定剤のようなもの、と大目に見ていましたが
最近はティッシュの消耗ペースが速いっ!
ボロボロの残骸が部屋のあちらこちらに散らばって掃除しても、掃除しても一向に片付きません。

故意なのか、偶然なのか、小さく丸まったティッシュのカスをよく鼻に詰めているニィニィ。
この前は「クシュンッ」とくしゃみをした拍子に丸まったカスが4個も鼻から飛び出てきました・・・

ティッシュも限りある資源。ガーゼに切り替えてみようと何度か試みてみましたが、あっさりと「いらなーい」。
今日は手触りのいいハンドタオルを代わりにに持たせてみました。
しばらくは「ティッシュは?」と探していましたが、その都度「ないよ」と答えていたら、遂に諦めたようでタオル片手にお昼寝してくれました。
よしよし。

この調子で卒ティッシュ、遂行できるでしょうか?
ガンバレ、ニィニィ!

(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.07 *Sun*

お正月帰省 鳥栖編

4日から3泊4日で鳥栖に帰省してきました。

鳥栖に向かう途中、筑後のマツさんのお宅に寄り道して
12月に生まれたばかりのカナタくんと初対面。
大きな声で「ウギャー!!」と泣くカナタくんにニィニィは完全に引いてしまい、ガチガチに固まっていました。
P1040390.jpg

「あーちゃん、こわい」とビビってニィニィは一緒に写真を撮ることも出来ませんでした(笑)

鳥栖ではミサばあちゃん相手にポケモン戦いやドライブごっこを楽しんだ子どもたち。
ソシシもハシシも遊ぶときはミサばあちゃんとばかり。
「ニィニィはじいちゃんと遊んでね」、「ニィニィはじいちゃんとお留守番してて」と半ば強引にじいちゃんとコンビを組まされたニィニィ。
遂に堪忍袋の緒が切れたのか「じいちゃんばっかり、じいちゃんばっかり・・・」と泣き出してしまいました。
じいちゃんばっかり、あたちに押し付けてぇっとでも言いたかったかな~(苦笑)

いつもはミサばあちゃんにべったりのソシシですが、今回はじいちゃんと二人でお風呂に入ったり、散歩に行ったり。
ソシシも少し成長したようです。

すっかり年を取ってしまったバナナ。
耳が遠くなってしまい名前を呼んでもなかなか起き上がってくれませんでした。
P1040391.jpg

リティも少し小さくなったように感じたな・・・
P1040393.jpg

2匹とも、ソシシとハシシのペースに合わせて散歩してくれてありがとう。
ニィニィが一人でリードを持って散歩できるようになるまで、元気でいてほしいなぁ。

ミサばあちゃんにポケモンセンターに連れて行ってもらったり、大好きなサイちゃんとトランプ遊びができたりとソシシもハシシもお腹一杯大満足の鳥栖滞在になりました。
じいちゃん、ばあちゃん、お疲れさまでした。いろいろとありがとうございます。


ところで、先日の矢部滞在といい今回の鳥栖滞在といい、ソシシとハシシはほとんどケンカをしませんでした。
よって、私の怒声が響くこともなし。

ってことは、普段の生活に子どもたちも鬱憤がたまっているってことかしら?反省・・・

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.07 *Sun*

スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク 30

先月のクリスマスキャンプ、初日は結構風が強くて、ペグダウンの重要性を再認識させられたんですが、これまた撤収時、シェルター付属のプラペグが、抜く時に折れちゃって使い物にならなくなってしまい、ペグそのものの重要性も痛感した次第。

このプラペグ、打つ時も抜く時も結構力が要ります。接地面積が広いためで、それ故、抜けにくいというメリットはあるものの、プラ製ですから、今回の様にポキッと折れちゃったりもする訳で・・・で、ペグを新調しました。

買ったのはコレ!
DSC02583.jpg

その名も高き鍛造鋼鉄ペグですが、実際のところ、ここまでのものが必要かよく分かりません。長さも200㍉~600㍉まであって、どの辺りが適当なのかも分かりませんでしたが、300㍉の6本セットがあったので、これが一番売れ筋(=使い勝手がいい)のかな?COJさんちも持ってたのもこれっぽいし・・・と思って買ってみました。

このペグ、硬い土や小石の多い地面などで威力を発揮するようですが、歌瀬のような、割と柔らかい芝の地面ではどうなんでしょうかねぇ。長さが足りなかったりして。
いろんな人の意見を聞いてからでも良かったのですが、新年最初のお買い物(お出掛け)だったので、何か買いたくて、つい買ってしまいました(笑)
まあ、使用感はそのうちご紹介できるでしょう。

それにしても、『たかがペグ、されどペグ』、ペグにもいろんなタイプがあって、それぞれ用途・適性が違ってて、理解するもの揃えるのも、なかなかに難しいもんです。
シェルター本体用のペグはこれで良いとして、テントと張り綱用のペグは、これまた付属のアルミのピンしか持ってません。テントはタープやシェルターほど、風に持っていかれるようなことも無さそうだけど、本当にこのままで大丈夫だろうか・・・いずれ痛い目に遭いそうな気がするなぁ・・・。
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.03 *Wed*

正月三賀日

大晦日から矢部の実家に帰省。
食っちゃ寝食っちゃ寝&テレビの毎日でした。
(クミには「私は違うわよ!」と言われそうだけど)

記事となりそうな出来事は格別無く…
そうそう、去年に引き続き、今年もおせちは外注しまして、今年は趣向を変えて、王家亭の中華おせちを取ってみました。
P1040379.jpg

結果はいま一つの評価。
味は間違いなく美味しかったんだけど(ここんとこは強調しときます)、年寄りにはちょっと硬い料理が多かったとのこと。特に、御年102歳の大きいばあちゃんには、食べれるものが少なかったみたい。
P1040378.jpg

それに、やっぱりおせちには黒豆やら昆布、鯛やらが無いと…という雰囲気がありあり。「だったら、最初っからそう言ってよ」と思いつつ、「来年は、中華はもういいかな」と、ぼくも思った次第です。

4、5人前で2万5千円だったんですが、おせちばっかり食べる訳じゃありませんので、食べこなし切れませんでした。一回り小さい、1万8千円のでも良かったですね。

2日の夜には帰宅。
3日は近くの健軍神社に初詣。多くは望まず、家庭円満を祈願しました。
P1040381.jpg

なぜだか、ここ数年では一番の人手ではなかったでしょうか。
P1040382.jpg

この日のように、今年一年が活気あふれる、充実した年になるといいですね。
(イチロー)
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.01 *Mon*

謹賀新年



今年の抱負・・・
イチロー  目指せ、月一キャンプ!
クミコ   ニィニィとの時間をたくさんつくります!
ソシシ   キーパーをじょうずにできるようになりたい!
ハシシ   サッカーをならいたい!
ニィニィ  イヤイヤいいません!

今年も、ムカチョピン一家を、どうぞよろしくお願いします。
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。