FC2ブログ
12
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
21
28
29
<< >>

This Archive : 2006年12月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2006.12.31 *Sun*

乗れた!

もうすぐ小学生だし、自転車もそろそろ補助輪無しで乗れないと・・・
と言うことで、昨日、今日と、ソシシの自転車乗りの特訓をしました。

昨日は補助輪を外して、感覚を掴んだところで終わりました。
今日は一人で乗れるようになるまでがんばります。

最初の一押しが必要だけど、なんとか載れるようになりました。


練習を積むうちに、こぎ出しから一人でできるようにもなりました。
P1040367.jpg

まだヨタヨタと頼りないですが、一人で乗れるようになって、目標達成。
もうちょっと練習すれば、公道も走れるようになるでしょう。
ソシシも最初は自信無さ気だったけど、何事もやればできるということを実感してくれたかな。
よくがんばりました。


おまけ・・・

「ニィニィがおす~」
P1040369.jpg

「ハシシ、おして~」
P1040370.jpg

「ニィニィも、てんしゃ、のる~」
P1040371.jpg

兄弟でなにをたそがれてるのか・・・
P1040374.jpg

(イチロー)
スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.30 *Sat*

よう分からん・・・

P1040363.jpg

一頃流行ったムシキングゲーム。
ソシシは、お友だちからもらったりして、カードはたくさん持っているものの、ゲームは1回しかさせたことがありません。
「旭山動物園に行きたいんでしょ?」などと言っては、何かと我慢させることの多いソシシとハシシに、年末のご褒美(意味がよう分からん)として、ムシキングゲームをさせてあげることにしました。

ところが・・・遊び方がよう分からんのです。
ソシシも耳年増状態で、カードの情報は良く知っているものの、遊び方は良く分かりません。となりで遊んでいた小学生の男の子に指南してもらいながら、というか、男の子の言うなりにやっただけですが、それでも本人は満足した様子。
そんなソシシを見て、どうせやらせるなら、心から楽しめるように、もうちょっと機会を増やしてあげてもいいんじゃないかと思った次第です。

この辺の頃合というか、バランスというか、難しいですね。
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.27 *Wed*

想像力

日曜日、キャンプから帰ってくるイッチャンとソシシをビックリさせようとハシシと一緒に部屋の飾りを作りました。
P1040356.jpg

その飾りを見たソシシの感想。
「電気が体の手と足が長~い人間みたい。それか、足が2本足りないクモに見えるね」
P1040352.jpg

たしかに、そう言われれば、そんなふうに見えるね。

それを聞いてハシシの返事。
「違うよ~。大きなお尻が4個、ぶら下がってるんだよ」
P1040355.jpg

大きなお尻ね・・・
ソシシはソシシらしい、ハシシはハシシらしい発想だなぁと笑ってしまいました。
ニィニィだったら、どんなふうに表現するんだろう?

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.27 *Wed*

お手伝い

先日の大掃除のTVを見て以来、ハシシの心に火が点いたのか、あれやこれやとお手伝いをしたがります。
お掃除はもちろん、お米洗い、洗濯たたみ、とにかく出来そうなお手伝いを見つけては「ハシシがする~」と飛んでくるのです。

朝ご飯の洗い物も「ハシシがする~」。
せっかくヤル気を出しているから、その気持ちを大切にしてあげたい。
でも、お茶碗などを割って怪我したら大変だし・・・
きっとキレイには洗えないだろうからなぁ・・・
一通り全部洗ってしまってから、落としても割れないプラスチックのコップ、木製の汁椀などを「これ、お願い!」とハシシに渡すことにしました。

鼻歌♪まじりにご機嫌でコップを洗うハシシ。
それを見て「次はボクがする!」とソシシ。
それに続いて「ニィニィも!」と一丁前に列に並ぶニィニィ。
朝から計4回も代わる代わる洗ってもらってコップたちも幸せでしょう。


遅まきながら我が家の年賀状がやっと仕上がりました。
もう日にちもないので宛名の手書きは諦め、プリンターにお願いすることに。
プリンターから排出される年賀状を待ち受けて1枚、1枚手渡してくれる子どもたち。
「次はボクの番だよっ」「ニィニィもぉーっ」
P1040349.jpg

「早く出てこーい」と催促の3つの手
P1040350.jpg

明日はどんなお手伝いをしてくれるんでしょう?

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.26 *Tue*

ランドセル♪

迷いに迷ったランドセル選び、結局、幼稚園からもらってきたカタログで注文することにしました。

そのランドセルが今日届きました。
ちょっと照れながらも嬉しそうなソシシ。
06-12-26_13-41.jpg

今はまだランドセルの方が大きすぎるように感じるけど、そのうちこのランドセルが小さくみえるくらいソシシも大きくなるんだろうな~。
待ち遠しいような、淋しいような・・・

鳥栖のじいちゃん、ばあちゃん、ステキなプレゼントをありがとう。

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.26 *Tue*

オンステージ

先日のクリスマスお遊戯会の聖劇がよほど印象的だったのでしょうか、
ニィニィはあの日以来、よく歌を歌います。
それも、いかにもソロで歌っていますって感じで。

デロンギヒーターがどん帳代わりのようで、いつもデロンギをバックにして、腕を後ろで組みながら、かなり熱唱しています。
でも、何を歌っているのかはさっぱり『?』。
コレまでのニィニィの十八番は♪かえるのうた、♪森のくまさんでしたが、この熱唱パターンで十八番が披露されることはありません。
多分、聖劇の中の歌を歌っているつもりなんでしょう。

クリスマスも終わったし、ツリーを片付けていたら
その中のモールをすばやく見つけて、首に掛けたニィニィ。
熱唱モードのスイッチON!しばらくオンステージが続いたのでした。
P1040339.jpg

P1040342.jpg


(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.25 *Mon*

クリスマス☆パーティー

夕方からはお友達親子と一緒にクリスマスパーティ☆
大人5名・子ども10名の総勢15名が集合です!
料理持ち寄りのポットラックパーティー、たくさんのご馳走に子どもも大人もお腹いっぱいになりました。
「ジュースちょーだーい」「焼ソバお替り~」、「このオモチャの遊び方を教えてー」クリスマスパーティーっていうより、託児所状態だったので、全然写真を撮るヒマもなかったけど、楽しい夜になりました。
P1040320.jpg

ニィニィのボーイフレンド・レイくんと。
つたない言葉だけど、二人なりのおしゃべりを楽しんでいました。
「レイくん、しゅきー?(好き)」「ニィニィちゃん、すきっ」
P1040332.jpg


(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.25 *Mon*

クリスマスプレゼント

我が家にもサンタのおじさんがやってきました♪
ソシシにはロバート・サブタのしかけ絵本『太古の世界・恐竜時代』
P1040347.jpg

ずっしり読みごたえのある内容。子どもだけでなく大人も楽しめます。
P1040348.jpg

来春には『太古の世界・動物編~英語版~』が出版予定のようです。
それも欲しいなぁ~。誰が?私が。

ハシシのお願いは「お化けの図鑑が欲しいです」
怖がりのくせに“お化け”が好きなんですよね。でも映像だと怖すぎるので、本がいいそうです。
なかなかお化け尽くしの本って見当たらない。
そんな訳でハシシもしかけ絵本にしました。『ホーンテッド・マンション』
P1040343.jpg

お化けたちを嬉しそうに眺めているハシシって・・・???
P1040344.jpg

ニィニィには超デカ版、フロアーパズル。
お兄ちゃんたちに教えてもらいながら、何度も何度も作っていました。
P1040346.jpg

ニィニィにお願い:お兄ちゃんたちの絵本を破らないでね。食べないでね。ラクガキしないでね。


「おかーさんにもプレゼントだよー」とハシシの呼ぶ声が。
見てみると、頭にリボンを巻いたハシシが満面の笑みで立っていました。
う~ん、カワイイ♪
P1040336.jpg


(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.24 *Sun*

岩盤浴

お留守番組のハシシと一緒にクリスマスケーキを作りました。
P1040314.jpg

ちゃちゃっと夕飯済ませて、ちゃちゃっとケーキも食べて、妙に慌しいクリスマスイブの夜。
なぜかと言うと・・・
先日、お友達の恭子さんから“岩盤浴のサービスチケット”をもらったのですが、そのチケットの利用期限が今月30日まで!
行くとしたらイッチャンが家にいる週末しかないっ。
という訳で、夕飯後、子どもたちをイッチャンに託して初めての岩盤浴体験に行ってきました♪

説明では岩盤浴場は手前が男女兼用、その奥が女性専用とのこと。
日曜日、しかもクリスマスイブの夜だもん、きっと利用者も少ないよねー、だったら男女兼用スペースでも問題ナシかも~?
とお気楽に考えていましたが、入ってビックリ!!
男女兼用スペースはカップルでびっしり満員御礼状態でした。
その中をツツーーッと通って奥の女性スペースに入っていくオバチャン(私)。

カップル連中から「おいおい、イブの夜に独りで岩盤浴かよ。寂し~」と言わんばかりの視線をビシバシ浴びてしまいました。

初めての岩盤浴の感想は・・・気持ちいいことは気持ちよかったんだけど、何しろ初めてだったから妙に緊張してしまい、完全にリラックスはできませんでした。
それと日頃あまり水分を摂らない性質なので、途中の水分補給もしんどかったな・・・
それでも全身から汗が噴出した後は気持ちよかったです。サラサラとした汗で、お肌がスベスベになりましたよ。
もしまた行く機会があれば、今度は緊張しないで心身ともにリラックスできるかな~。

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.24 *Sun*

ファミリーキャンプ・4th(クリスマスキャンプ編)~二日目~

未明、ふと目が覚めました。
時間は4時半。

カーペットの電源を切って寝たことを思い出しました。
「やっぱ、ちょっと冷えるな・・・」と感じながらも、人間湯たんぽソシシにくっ付いていれば、想像したほど寒くはありません。

と、ちょっと寝返りを打った瞬間、肩口から冷気がものすごい勢いで中に入ってきました。「ひぇ~」と動くのを止め、じっとしてたのですが、しばらく経っても寒いまま、自力回復は不可能なようです。
ここで、カーペットのスイッチをON。やっぱマミー型の冬用シェラフを買うか、それこそ家にある敷物や毛布類を根こそぎ持ってくるしかないよなぁ・・・と、文明の利器に感謝しながら、二度寝に入りました。

「おとうさん、おしっこ!」
ソシシの声で目が覚めました。時間は6時半。
外に出ると寒いのなんの。ほんの何分かなのに、身体は芯まで冷えて、寝袋に入ってからも、しばらくは二人して、ガタガタ震えてました。
結局、そのまま眠ることも無く、辺りが明るくなってきた7時には起床しました。

外はあたり一面、霜で真っ白。大げさですが、ちょっと幻想的。
P1040288.jpg

チョコレート・フォンデュをした鍋の水もカチコチに凍ってました。
P1040301.jpg

早起きしたご褒美に、日の出を拝むこともできました。
P1040303.jpg

8時を過ぎると、子どもたちも集まってきました。
そりで遊ぶ子どもたち。霜のせいで、いつもより滑るのなんのって。
これには子どもたちも大興奮!
P1040305.jpg

朝っぱらから鬼ごっこで遊んだり、子どもはホント、元気ですね。
P1040295.jpg

朝食には、前回好評だったジャーマンポテトを召し上がれ。
P1040309.jpg

朝食も早々に、後片付け、撤収に入りましたが、途中、子どもたちと遊んだり、なんやかんで終わったのがお昼の2時。一人作業で、さすがに疲れました。

今回で4回目のキャンプ。前回の雨キャンプに続き、今回、真冬キャンプも経験して、少しは一人前のキャンパーに近づいてこれたかな。
来年は何回、キャンプに行けるだろうか。いったいどんな楽しいことが待ち受けてるんだろうか。今から楽しみです。


ソシシと、朝、寝袋の中でブルブル震えながらの会話・・・

ぼく  「ねえ、ソシシ、キャンプって楽しいよなぁ?」
ソシシ 「うん、楽しいね」
ぼく  「ソシシが小学生になっても、一緒にキャンプ行こうな」
ソシシ 「いいよ」
ぼく  「中学生になっても行ってくれる?」
ソシシ 「行くよ」
ぼく  「じゃあ、高校生になっても?」
ソシシ 「いいよ」
ぼく  「そしたらさ、ソシシの彼女を連れておいでよ。
     一緒にキャンプしようよ。きっと楽しいよ」
ソシシ (ほくそ笑みながら「うん」と頷く)

二人っきりのキャンプだと、普段は照れてできないような、こんな会話できるんですよね。
実現する可能性は低いだろうけど、ぼくの夢が一つ増えました。

(イチロー)
Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.23 *Sat*

ファミリーキャンプ・4th(クリスマスキャンプ編)~初日~

ハシシが症状は軽いとはいえ肺炎ということで、楽しみにしていたクリスマスキャンプも実施が危ぶまれたのですが、反って、ぼくとソシシの二人がいない方が、ハシシもゆっくり静養できるかな?などと、都合の良い解釈(?)をして、ソシシと二人だけでキャンプに行くことになりました。
本当はニィニィも連れて行きたかったんだけど、そればかりは自爆行為だとクミに諭され、連れては行けなかったんですが、結果的にこの判断は大正解!(笑)。
ゴメンね、ハシシ、ニィニィ。


昨日、10時過ぎにバタバタと自宅を出発。
途中、矢部の実家に寄って、ストーブと焚き火用の薪をくすねてきました。これで寒さ対策は万全かな。

12時過ぎにキャンプ場に到達。
今回もまたまた歌瀬キャンプ場。結局、ビギナーな今年は、歌瀬に始まり、歌瀬を経て、歌瀬に終わるということ。やっぱ、ここが一番安心してキャンプできるんですよね。
今日はクリスマスイベントも企画されてて、楽しみです。

今回のサイト。一人では大変だったけど、なんとか形になりました・・・。
P1040265.jpg

今日はうちも含めて6組のキャンパーさんがお見え。
明るいうちは、ソシシと、他の子ども達と野球をしたりして遊びました。

暗くなって・・・
シェルターの中は、ストーブのせいで、予想以上に暖かでした。
夕食は手軽にカレー。5人前を二人でペロリ。
P1040269.jpg

7時、鐘の音と共にクリスマスイベントの始まり。
キャンプファイーをしながら、チョコレート・フォンデュとホットワインが振舞われました。
チョコレート・フォンデュとは、その名の通り、チーズ・フォンデュのチョコレート版。湯煎で溶かしたチョコレートに、焼いたマシュマロやイチゴ、バナナなどを浸けて食べます。
どれも美味しかったけど、個人的には、イチゴが一番美味しかったかな。
チョコレートが甘いだけに、ちょっと酸味のある食材が合うような気がしました。オレンジ(オレンジピールのチョコとかありますよね)とかキウイとかパイナップルとか、合うんじゃないかなぁ・・・。
この模様は、ココ(歌瀬キャンプ場がもっと楽しくなるブログ)で見ることができますので、ジャンプしてみてください。

9時にはソシシを寝かせつけ、ファイヤー広場に戻って、あとは大人の語らいの時間。ホットワインは身体をホクホクしてくれます。
空には満天の星。ちょうどこぐま座かなにかの流星群が見れるということで、ぼくも2つほど、流れ星を見ることができました。
11時、気温は-2度。酔いも醒めてきたので、キャンプファイヤーを後にし、床に就きました。

今回、寒さ対策にホットカーペットをもってきました。
寝袋に入ると、ホッカホカでしたが、ホットワインで身体が温まってたこともあってか、ふと、ホットカーペット無しで、どれくらい耐えられるものか、試してみたくなって、スイッチを切って寝てみました。
明け方は-5度は確実に下回るでしょう。
果たして、生きて目を覚ますことはできるでしょうか・・・(笑)。

つづく
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.23 *Sat*

大掃除の助っ人

イチロー&ソシシはキャンプに出かけたけれど、お留守番組はハシシの体調も考えて図書館に行ったり、ブロックで遊んだりとインドアで過ごします。

ハシシとニィニィが遊んでいる間に私は大掃除の続き。
先日、松居和代さんの開運掃除術がテレビで紹介されていました。
夕飯後、寝るまでの1時間この番組を見ていたハシシ。
ガスレンジを掃除している私のそばに来て「じゅーしょーでゴシゴシしたら?」とアドバイスしてくれました。
じゅーしょー?重曹のことね。
「重曹、使ってるよ」と言うと、目がキラリ☆と輝いたハシシ。
「ハシシがお手伝いする」とタワシ片手にゴシゴシと磨いてくれました。
「こんなにキレイになったよー。じゅーしょー、すごいね」と大喜び。
4歳児の喜ぶツボじゃないような気がするんだけど・・・
まぁ、これがハシシらしいところかな。

「玄関のお靴脱ぐところも雑巾で拭くんだよ」
「天井にも掃除機するんだってよ」
「クーラーの中は汚れているから、お掃除、忘れないでね」
ハシシはしっかりあの番組をみていたようです。
私の掃除に付いてまわり、アレコレと指示をしながら、自分も同じようにお掃除していたハシシ。
かわいい助っ人です。

ハシシって意外と几帳面なんですよね。
もう少し大きくなったらこの時期の大掃除要員として活躍してくれるかも?
そのためには今からお掃除は楽しいよと調教しなくっちゃっ。

(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.22 *Fri*

いつのまに?

年末の29・30日にキャンプに行きたいとイッチャンから申し出がありましたが、
私はあまり乗り気ではありませんでした。
寒いっていうのもあるけど、年末って気忙しいし、キャンプの片付けも片手間のまま実家に帰省して、家の中が散らかったまま年を越すことに抵抗があって・・・

反応イマイチの私に新たな申し出が・・・
「23・24日は天気もいいみたいだし、クリスマス・キャンプってイベントもあるみたいだから、今週末行かない?」
たまには趣を変えて、クリスマス・キャンプってのもいいかもね。
そんなこんなで今週末はキャンプに行く予定となりました。

しかし、気がかりが一つ。
ハシシの咳が2~3日前からひどくなって、明け方は咳き込みがつらくて目が覚めてしまうようです。
念のため受診して咳止めの薬をもらうことにしました。

ちょうど1ヶ月前にも同じ症状で喘息かも?と言われていたハシシ。
ピークは過ぎたものの、この1ヶ月小さな咳は続いていました。
でも元気はあるし、熱もない。きっと咳風邪だよねと楽観していた私。
それなのに、先生はやたらとあれこれ丁寧に診察しています。

鼻水と血液の検査をして、結果がでるまで隔離室に案内されてしまいました。何で?
次に呼ばれたのはレントゲン室。えー?だから、何で?

検査の結果、レントゲンの写真を見ながら「肺炎のようですね」と先生。
肺炎?ウッソー!?
「しかも既に治りかけの肺炎。多分、前回の喘息から肺炎になったんじゃないかな?
たまにいるんですよね、熱もでない、元気な肺炎の子って。
それでもそこそこ苦しいかったはずですよ」
治りかけって・・・いつの間に・・・
これまたハシシが我慢強いのか、鈍いのか?
ハシシの病状に気付かなかった私が鈍すぎるのか?あーん、ゴメンね、ハシシ(反省)

そんなこんなで明日からのキャンプは無理!となりました。
が、中止ではなくイチロー&ソシシは決行するそうです。
こんなときも「ハシシはお風邪だからお留守番なんだね」と聞き分けのいいハシシ。
健気でいじらしいハシシなのです。

(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.22 *Fri*

悪夢の朝

私は朝から1日の予定を立てて行動するのが好き。
洗濯干しや掃除も自分で制限時間を決めて、その時間に追われながらクリアしていくのが楽しいのです。

今朝も次々と制限時間をクリアして、残るはゴミ出しのみ。
終了予定時間10時を大幅に短縮して、この時点で9時40分。
この調子だとゆっくり新聞を読む時間が取れそうだわ~、とウキウキしながらゴミ出しに行きました。
行くと言っても、マンションの下の収集所まで階段を降りていくだけ。
30秒もかかりません。

タッタッタッと階段を駆け上がって玄関のドアノブを回すと・・・ガチャッ。開かない。
ガチャッ?開かない?鍵かかってるぅ~?
さっき玄関を出るときに「ニィニィも行く?」と聞いたら「いかなーい」と返事したニィニィ。
そのニィニィが鍵閉めたの?って言うか、鍵閉めることができたの?

ドアをドンドン叩いて「ドア、あ・け・て!」と呼んでみると、
ガチャガチャと音がして「できないー」とニィニィ。
ウソ?
「鍵があるでしょう?ニィニィがさっき、ガッチャンってした鍵ね。
それをもう一回、ガッチャンしてみようか。せーの、ガッチャンよ」
「ガッチャン、できなーい」と泣き出すニィニィ。
だんだん泣き方も激しくなってきて「おかーしゃん、あけてー」と叫んでいます。
開けて欲しいのはこっちだよ・・・

ゴミ出しにちょっと出ただけだから、もちろん携帯なんて持ってないし、どうしよう????
トイレの窓は小さすぎて入れないし、2階だからベランダからの侵入も無理。
通路に面した部屋の窓ガラスは当然ながら鍵がかかっているけど、最悪、この窓を割って入るしかない?

「ニィニィ!おててを洗うときに踏み台に乗るでしょう?
あれを持ってきたら鍵に届くかもよ。持ってこれる?」
「できないー。わかんないー。こわいー」
ニィニィもだんだんパニックになって泣き叫んで、私の声が耳に入らなくなってきました。

そうだ!ニィニィは手の届かないものを取りたいときはお尻拭きのケースに乗っていたっけ!
「ニィニィ。お尻ふきふき持ってきて!」
「おしりふきふき?」
「うん、お尻ふきふき。持ってこれる?」
新聞受けの隙間からニィニィの足がかすかに見えるので、その動きを見ながらニィニィに話しかけていました。

『おしりふきふき』の言葉はニィニィに届いて、奥の部屋からお尻拭きのケースを持ってきたようです。
「それをあんよのとこに置いて、ヨイショッて登ってみようか」
ニィニィは足元にケースを置いています。よしっ、いいぞ、その調子!
「ヨイショッってしてみて」
「よいしょっ」とケースを持ち上げるニィニィ。
「持つんじゃなくて、エイッって登るの。エイッって」
「えいっ」と放り投げるニィニィ。・・・ダメだ、こりゃ。

「おかーしゃん、おしっこー」
「パンツの中にしていいよ」
「いーやーだー。とーいーれー」またまた号泣。
こうなったらイッチャンに鍵を持ってきてもらうしかない。
隣人さんに電話をお借りしようとピンポンしたけど、応答ナシ。お留守?
下の階もピンポンしたけど、どこもお留守。あぁ~、ついてない。

近所のドラッグストアに駆け込み、電話を借りてようやくイッチャンと連絡がつきました。
それからイッチャンが来てくれるまでとても時間が長く感じました。
ニィニィは「おしっこ、おしっこ」と泣いているし、薄着で出ていた私は手足が段々冷たくなってくるし。
待ちに待って登場したイッチャンが神様のように見えました。
あー、イッチャンが出張じゃなくてヨカッタ~。

トイレに駆け込んでスッキリしたニィニィ(我慢していたんですよー。根性ありますね)に「鍵を持ってきてくれたお父さんにありがとうって言おうね」と言ったら、いつもの一言「おとーしゃん、いーやーだー」。
そりゃなかろう・・・
イッチャン、仕事中わざわざ抜け出してきてくれてありがとう。

時計を見たら10時半。50分も泣き続けたニィニィもお疲れさんでした。
教訓:これからはゴミ出しも油断できません。

(クミコ)


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.20 *Wed*

ガリガリガリ

台所の大掃除していると、何かが入ったビニール袋を見つけました。
「何?」と開けてみると、“稲穂”でした。
先月の初めだったか、幼稚園からソシシとハシシが持ち帰ってきたものです。
春、子どもたちがバケツに植え付けた苗が秋には立派な稲穂に成長していました。
みんなで稲刈りをして、干していた稲穂を少しずつ分けて持ち帰っていたのでした。

持ち帰ってきたハシシは「ほら、ゴマをつぶすお皿と棒があるでしょう。あれでゴマみたいにゴリゴリしたら、お洋服を脱いでおコメが出てくるんだって」と一生懸命説明してくれていました。
「早くゴリゴリしたい」と言うハシシに「ゴメン!今日は忙しいから明日ね」と何度も断り、いつの間にかその存在すらすっかり忘れてしまっていました。

「ハシシ!稲穂ゴリゴリするの忘れてたよね。お待たせしてゴメン。
今日、一緒にしようか?」
「うんっ♪する、する!」と嬉しそうに駆け寄ってきたハシシ&ニィニィ。
ハシシは園でもやったらしくなかなかの手つきでガリガリ擂っていました。その手つきをじっと見ていたニィニィがいきなりハシシにタックル!!
不意をつかれて転げたハシシから擂り鉢と棒を奪って、ガリガリガリと籾殻擂りを始めるニィニィ。
タックルして奪うなんて・・・やっぱりニィニィは激しすぎます。

黙々と籾殻擂りに専念するニィニィ。この隣でハシシが号泣しています。
VFSH0020.jpg


ニィニィの執念とハシシの涙が混じったおコメ。今日の夕飯で美味しくいただきましょう。

(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.19 *Tue*

価値観の違い

我が家は毎週、某生協のビン牛乳を予約注文しています。
このビン牛乳、利用普及を図るためにちょこちょことキャンペーンをやっています。
『○週連続で4本以上注文の方にオリジナルグラスをプレゼント』
『○週連続で1本追加で注文いただくと、もれなくオリジナルグラスがついてきます』ってな内容で。

別にこのキャンペーンに乗っている訳ではないのに、いつの間にか我が家にこのオリジナルグラスがたまっていきます。
でもこのグラス、はっきり言って好みではないのです。だからいつもバザー行き。
あのグラスを作るにも在庫を保管するにもそれなりに経費はかかるだろうから、それだったらキャンペーン期間中、少し割引したほうがいいんじゃないかな~って常々思っていました。
以前、生協関係の方と話す機会があり、そのことを伝えてみたら「あのグラス目当てにその期間だけ牛乳を注文する方もいるんですよ」と意外なお返事。
その回答に半信半疑の私でした。

今日、お友達のユカちゃん親子のお宅に遊びにいって、ビックリしました。
だって、例のオリジナルグラスでお茶が出てきたんだもの・・・
「これ、使ってるんだぁ・・・」とビックリしている私に「このグラスもらうために、普段飲まない牛乳を4週続けて注文したのよ」と恭子さん。
ま、まさか、こんな身近に“グラス収集家”がいたなんて!!
自慢げに色違いのグラスを3個見せてくれました。
って言うか・・・3個も集めたんだぁ・・・またまたビックリ!

「えー!280円の牛乳を4週続けて取ったら1000円超えるじゃん。
1000円あれば、もっとオシャレなグラスが買えるよ。そっちがよくない?」と尋ねると、ブンブンと首を振る恭子さん。
「1000円で買ったグラスを子どもが落として割ったら怒り爆発だけど、
このグラスなら万が一割れても惜しくない。
これは私に心のゆとりを与えてくれるグラスなのよ」と。
はぁ・・・説得力あるような、ないような・・・

このグラスで、30分近くは熱く語り合ってしまいました。
これだけ盛り上がれるなんて、私も違う意味でこのグラス虜になってしまってるのかしら?

(クミコ)




Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.18 *Mon*

髪を切りました

夕べ、うちの男3人組は揃って髪を切ってきました。
引率のイッチャンが「ソシシとハシシはどんな風に切ったらいい?」と聞いてきたので
「ソシシは短く、ハシシは長めのほうが私は好きだから、そんな感じでお願い」となんとも分かりにくいリクエストで答えました。

ハシシの髪質は哀しいかな、私に似てしまい剛毛です。
中途半端に短くしてしまうと、収拾がつかなくなりハリネズミ頭になってしまうのです。

途中、携帯のメールで「こんな感じでいい?」とハシシの画像が送られてきました。
アレ?思いっきり、イメージと違うぞ・・・と思いつつ、「田舎の子っぽいけど、まぁ、いいんじゃない」と返信。
実際、帰宅したハシシはやっぱりどこかアンバランスなヘアスタイルでした。

どう見てもヘルメット君。いや、美川憲一?
VFSH0021.jpg

もう一度お店に連れて行って、前髪の短さに合わせてサイドも切ってもらおうとハシシに言ってみたけど
「コレでいい。だってカッコイイもん。今のまんまがいい」とハシシ。
本人が気に入っているなら仕方ない。
すぐに伸びるだろうし、こちらも目が慣れてくるかな?

でも、やっぱりハシシを見ると「ん~・・・あの髪、どうだかなぁ~・・・」って思っちゃいます。

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.17 *Sun*

ランドセル選び

ソシシの周りでランドセルが話題になっているようです。
「○○くんはグリーンにしたって」
「○○ちゃんは“天使の羽”の赤を買ったって」

決して「ボクも早く買ってよー」と言わないソシシ。
一時期どこへ行っても『アレ買ってコレ買って病』だったソシシに
「北海道の旭山動物園に行きたいんやったら、少しずつお金を貯めなきゃね。
お菓子やおもちゃばっかり買いよったら、お金は全然貯まらんから、旭山動物園にはいつまでたっても行けんよー」と話したら、説得力があったのか、『買って買って病』が治まりました。
ランドセルのことを言い出さないのも、そのせいなんでしょうか・・・
そう思うとなんだかちょっぴりいじらしい。

「今度、ソシシのランドセルを探しにいこうか?」と声をかけると
「え?いいの?うんっ、行きたい!行きたい!」と目がキラキラ☆
今日はそのランドセル選びに出かけてきました。

いざランドセル売り場に出向いてみると、色々種類がありすぎて何を基準に選んだらいいのかが分かりません。
色?形?素材?軽さ?価格?
とりあえず一つ選んでソシシに背負わせてみましたが「肩が痛い!」と反応はイマイチ。
いくつか背負っていくうちにソシシも混乱してきて、ソシシも私たち親もお手上げ状態です。
2軒のお店を見て回りましたが、結局今日は選ぶことができませんでした。

今日のソシシの結論。『色は紺色がいい』
この色選びが決まっただけで、ホッとしました。
だって、先日園からもらってきたランドセルのカタログを見て、ソシシったら「コレに決めた!」って3色濃淡ブルーのトリコロールってやつを選んでいたんだもの。
あのトリコロールを買う人がいるんでしょうか?


ソシシの入学準備を兼ねて、子どもたちの部屋のレイアウトも考え直すつもりですが、これもまた頭が痛いです。
机はどうするよ・・・やっぱり2段ベッドを置こうか・・・
それと、本棚も欲しいんだなぁ。しっかりした造りのシンプルな本棚が・・・
我が家の子ども部屋改造計画はまだまだ前途多難のようです。

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.16 *Sat*

クリスマスお遊戯会

今日は幼稚園のクリスマスお遊戯会の日です。

ソシシにとっては最後のお遊戯会、思い出に残るお遊戯会になるといいね。
ハシシは去年、出るには出たけど、12月に途中入園したばっかりで、緊張のあまり微動だにできなかったっけ。今年はどうかな?

園長先生のご挨拶の後、年長さんの女の子のフラメンコ・ダンスからプログラムが始まりました。
DSC00019.jpg

3番目の演目にハシシが登場。
題して"はちのこロックンロール"。動きは硬かったけど、去年よりは緊張感も無く、楽しそうに踊ることができました。
DSC00021.jpg

5番目は、ソシシたち年長さん男の子の演舞"少年剣士"。
DSC00026.jpg

女の子は貸衣装だったのに、男の子は体操着なのね・・・(苦笑)
P1040256.jpg

年中女の子が踊るは"ロックンオムレツ"。
やっぱ、こういう場は、男の子より女の子の方が映えますね(笑)。
DSC00028.jpg

途中、お母さん達による余興、失礼(汗;)、ハンドベルの演奏がありました。
DSC00029.jpg

一通り歌や踊りが終わり、プログラムのトリを飾るは、メインの聖劇です。
イエスの誕生、つまり、クリスマス発祥の物語を子どもたちが劇で演じるもので、毎年、同じ内容、同じ脚本で行われます。
ぼくらも今年で観るのは3回目になりますが、当然ですが、毎年違う配役で、前のを思い出しながら、来年は誰がどの役になるのかな、なんて思いながら観ると、それはそれで飽きずに楽しいもんです。

出演するのは年中さんからなので、ハシシは出ません。
ソシシは、去年、一昨年と、大好きだったお兄ちゃんがやってた語り部の役をゲットすることができました、が・・・。
今年の年長さんは人数が多すぎて、歌と台詞がほんのちょっとしか回ってきませんでした。
DSC00032.jpg

ソシシの出番です。まずは一人で歌を独唱。
DSC00034.jpg

歌っている間、「ソシシもこんなにおおきくなったんだなぁ」と思ったら、涙が出てきました。親バカですが、感動しました。

年中男の子が演じる羊飼いの役。来年、ここにハシシがいるはずです。
DSC00035.jpg

聖劇も無事終了。最後に出演者全員集合。
P1040259.jpg

年長さんは3年間、見慣れた顔ばかりなので、我が子とまではいかないけど、それに近いような感覚で、みんなの演技を観ることができました。みんな上手だったよ。ステキなクリスマスの日をどうもありがとう。

(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.13 *Wed*

マイ キッチン

ここ最近、ニィニィはおままごとがお気に入りです。
ままごとセットのお野菜を切ったり、お皿に盛り付けたりしては
「おかーしゃん、はい、どーぞ」と持ってきてくれます。
やっと女の子らしい遊びをするようになってきたようです。

それと同じように台所で遊ぶのも大好き♪
シンクの下や食器棚の開き戸を開けたり閉めたりしながら遊んでいます。

ニィニィが生まれたときからずっと、おままごとのキッチンを買ってあげたいとおもっていました。
ネットであちらこちら探してみましたが、なかなか気に入ったものが見つかりません。
デザインがゴテゴテだったり、大きすぎだったり、お値段が高すぎたり・・・
シンプルでお手ごろなお値段のキッチンはないかな~?

そうだ!段ボールで作ってみよう!
ホームセンターと100円ショップで材料を揃えて、あーでもないこーでもないと試行錯誤を繰り返して2時間後、やっとできました。
P1040251.jpg

天板にコルクシートを貼って、ホーローのボウルをシンクに見立てて埋め込みました。

開き戸が開閉できるようにマグネットと取っ手も装備
P1040252.jpg

ドアを開けたり閉めたりニィニィの早速興味を示してくれました。このキッチンを使ってお鍋片手に「ジュージュー」と言いながら、いろんな料理を作ってくれました。

ちゃちな作りのキッチンの寿命は?せめて1ヶ月はもってほしいなぁ・・・

このキッチンを見てソシシが一言。「蛇口がないね」
そうなのよ、蛇口をどう表現しようか、ずいぶん迷ったけどいいアイディアが浮かばなかったのよね。
どなたかいい案ありませんか?

(クミコ)

Permalink *  CM(5) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.11 *Mon*

夜遊び♪

夕べ、?年振りの忘年会に出かけてきました。

久々の夜遊び♪楽しかったぁ~。
「どうせなら思いっきり羽伸ばしておいで」と送り出してくれたイッチャン。
お言葉に甘えて、時間を気にせずゆっくり遊ばせてもらいました。

たまにはこういう時間もいいものですね。
気持ちよく送り出してくれたイッチャンに感謝です。ありがとう。

(クミコ)


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.03 *Sun*

龍の家(ラーメン)

P1040245.jpg

熊本ではめずらしい、久留米ラーメンの店です。

ちょっと前に、飲み会の後に立ち寄って、「こりゃあ、クミが喜びそうな味だな・・・」と、そのうち連れてこなきゃと思ってた店です。鳥栖出身のクミには、久留米ラーメンには一家言があるのです。

ネットで調べてみると、店主は博多の一風堂で修行されたとかで、確かに、その流れは感じますが、そういう前置きを抜きにして、ぼくは純粋な久留米ラーメンとして、美味しいと思いました。

脂っこく、辛みその効いた「こく味」(写真上)と、あっさりめの「純味」があります。ぼく的には純味でもこってりしてて十分です。麺の硬さも5段階くらいで指定できます。この日はカタ麺を食べましたが、バリカタくらい硬い方が良さそうな気がします。
チャーシューも、また、そのチャーシューが入ったチャーハンも美味しいです。青ネギが美味しかったのが、ぼく的にはポイントが高いですね。

P1040247.jpg


場所;ワシントン通り店・熊本市下通2丁目(地図)
   ワンダーシティ店(写真上)・熊本市九品寺6丁目(地図)
   ※12月に益城インター店(この辺り)がオープンするそうです。
HP;ラーメン龍の家
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.02 *Sat*

ニィニィとデート

久しぶりに土曜日が休みとなったものの、クミはクリスマス・イルミネーションの飾り付けに幼稚園へ。上の子二人も自由登園で幼稚園へ。
残ったぼくとニィニィで、動物園にでも行こうかと、ニィニィを誘いました。

ぼく 「ニィニィ、動物園行く?」
ニィニィ 「どーちゅえん?じょうしゃん(ぞうさん)?...いく!」

二つ返事でのOK。
ニィニィと二人っきりで、どっかに遊びに行くなんて、散歩を除いては初めてのことです。そろそろ、動物にも興味を示してきているので、楽しんでくれるかな?

ところがあいにくの雨と、この冬一番の寒波到来で、寒いのなんのって。二人、身体を寄せ合いながらの観覧となりました。この寒さゆえか、来場者はほとんどおらず、貸し切り状態でした。

初っ端から、サルたちの雄叫びにビビるニィニィ。
P1040221.jpg

顔がちょっと引きつってますね。
P1040223.jpg

メリー・ゴー・ラウンドも怖くて乗れません。
P1040226.jpg

マジックミラーには興味津々。
P1040229.jpg

一番のお目当てだったぞうさんも、一目見るやほうほうの体で退散・・・。
P1040231.jpg

ふれあい広場でモルモットを抱っこしました。
恐る恐るタッチはできたものの、この後、号泣。
P1040236.jpg

この日、一番喜んだのは観覧車。笑顔が物語っていますね。
P1040240.jpg

結論・・・
このオナゴ、気が強くて、ワガママで、なんとも扱いにくいこと、この上ないのですが、そのくせ、かなりのヘタレだということが分かりました(笑)。ビビリまくって、ぼくにすがって来る様子が、可笑しくもあり、愛おしくもあり。

ニィニィ、また二人っきりでどっか行こうね。

(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.12.01 *Fri*

おめでとう

今朝、お友達のマツさんから『無事に男の子が産まれたよー』と連絡がありました。
赤ちゃんの誕生ニュースって、それだけでフワァ~ッと優しい気持ちになれます。
マツさん、お疲れさま。そして、おめでとう♪
7年ぶりの赤ちゃんはさぞ可愛いでしょうね。

また新生児を抱っこできるマツさんが羨ましいナ。
早くBabyに会いたいです。お姉ちゃんになったサキちゃんにも。

今度会いに行くから、待っててね!

(クミコ)


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。