FC2ブログ
11
6
7
8
15
16
17
19
22
28
<< >>

This Archive : 2006年11月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2006.11.30 *Thu*

骨が刺さった~

夜、会社で残業をしていたら、クミから電話が入りました。

「ハシシが、のどに魚の骨が刺さって、苦しそうなの。」

夕飯で食べた一先の骨が刺さったとのこと。苦しいだけじゃなく、痛がってもいるので、病院に連れて行くことにして、仕事を切り上げ、早々に帰宅しました。

帰ってみると、口を開け、舌を半出しし、苦しそうに咳をするハシシの姿が。
地域医療センターに問い合わせをしたら、市内のT病院に、耳鼻科の当直医がいらっしゃると教えていただいたので、T病院に向かいました。

病院についてすぐに診てもらうことができました。
でも、骨はなかなか見つかりません。器具をのどの方に突っ込んで、苦しそうなハシシ。我慢できずに、胃の中のものを戻してしまいました。
それが功を奏して骨も上がってきたのか、食道が開いて見やすくなったのかは分かりませんが、「あっ、ありました!」と先生の声。

無事に骨を取り出すことができました。
長さ1.5cmほど、結構長い骨、こりゃ、苦しかったね。
200611302051000.jpg

ハシシはここでも我慢強さを発揮。
診察中、涙目にこそなりましたが、先生の言うことをちゃんと聞いて、嫌がることもなく、苦しいのを必死に耐えていました。エライ!
これがソシシなら・・・
(と、いつも引き合いに出されるソシシも可哀想だけど)


ところで・・・
骨が刺さったとき、クミが苦しがるハシシに、半ば強引に、ご飯を食べされたそうです。ご飯と一緒に骨がとれればと思ってのことでしょうが、これをやったら絶対ダメなんだそうです。反って、のどの奥に、それも深く刺さる可能性があり、逆効果なんだそうで。
皆さんもこんな時は冷静に、おとなしく病院に行きましょう。

(イチロー)
スポンサーサイト
Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.29 *Wed*

イーヤーダー

最近、ニィニィはイヤイヤ星人です。
とにかく何でも一人でやりたがって、こちらが手を貸そうとするとバタバタ暴れて「イーヤーダー」の猛攻撃。

今日も車から降りるときにシートベルトを外そうとしたら「イーヤーダー」とキックしてきました。
「自分で外せるの?」と聞いても「イーヤーダー」。
「ベルトは外してあげるから、シートは自分で降りようか?」 「イーヤーダー」
「全部、自分でしてみる?」 「イーヤーダー」
「どうしたいの?」 「おかーしゃん、イーヤーダー」
「もぉー、知らないっ」とニニィニィの席側のドアを開けたまま、車から離れてみました。
きっと泣きながら「おかーしゃーん、きてー」と言うと思って。

でもニィニィはジーーーッと恨めしそうにコチラを見ているだけ。
少し離れたところからもう一度「どうしたいの?」と聞いたら、ドアを指して「しーめーてー」とニィニィ。
こうなったら泣かしてやろうとこちらも意地になって、要望通りドアを閉めてサッサと部屋に戻ることにしました。
そんな私の行動を見て「ニィニィがかわいそう」と涙ぐむソシシとハシシ。「早く迎えに行ってあげて」と私を家に入れようとしません。

ちょっとやりすぎたかな、と反省しながらも、ニィニィの号泣する姿も見たくて、ニィニィに見つからないようにしゃがみながら車まで移動した私。誰かに見られたら相当不審な行動ですね。

車の背後にまわって、そーっと車内を覗き込むと・・・
自分でベルトを外して、ニィニィがシートの上に立っていました。
泣きながら私を探しているのかな?と思っていたら、どうもニィニィは運転席のシートによじ登っているようです。
どうするんだろう?と様子を見ていたら、悪戦苦闘しながらなんとか運転席に転がり込んだニィニィ。
「おかーしゃんがいない」って不安がっているかも、と運転席の横までまわったけど、私の心配は無用でした・・・
ニィニィはハンドルを握って模擬ドライブを楽しんでいたのです。
で、私に気付いて一言「イーヤーダー」・・・

あー、イヤイヤ星人はいつまで続くのでしょう?
ニィニィの最近の口癖。
「もぉーっ、おかーしゃん、しらないっ。プンッ」(顔を横に向けて)
これって私が毎回ニィニィに言ってる言葉・・・他に覚える言葉ないの?

(クミコ)




Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.27 *Mon*

ネット時代のマナーとは?

昨日、叔母夫婦のやっている食事処"和"に行ったときの話・・・

店を始めて2年近くになりますが、お客さんにも恵まれて、忙しい毎日を送っているようです。順調なのは結構なのですが、お客さんの中に、「ネットで美味しいという噂を見て・・・」という人が、ちらほらいるんだとのこと。

ITとは無縁の叔母夫婦。そうやって来てくれるのは嬉しいものの、自分達の全く知らない世界で、自分の店の評判が飛び交っていることに、戸惑いを感じているようでした。
「いい評判なんだから、いいんじゃないの?」と、その場ではお茶を濁したものの、叔母の店のようなところにも、ネットの影響が及んでいることに、ぼく自身、少なからず驚いた次第です。

郊外に、自宅を改築してひっそりと構え、本人達としては、住んでる地域の、ごくごく狭い範囲の人たちに、散歩がてらに気軽に来てもらえればと開いた店。それが、わざわざ、ネットでの評判を聞いて、遠くから訪ねてくれるお客さんがいるという現実は、それこそ想定外のことだったようです。

いい評判だけだったら良いものの、もし悪評でも立ったものなら、それを聞く叔母の心労はいかばかりか・・・そんな、いらぬ心配も沸いてきます。この時代、悪意をもって悪評を流布する人がいないとも限りませんからね。

不特定な一般の人を対象に開いた店ですから、いろんな評価に晒され、淘汰されるということは、ある意味仕方の無いことですが、それがITという、自分達では全く感知できない世界でのこととなると、その影響力からいっても、「そんなの気にしなくてもいいじゃん」で簡単に済ませるほど単純な問題じゃないですよね。

このブログでも、B級グルメと銘打って、いろんなお店の紹介をしています。基本的に、お気に入りのお店なので、悪意があるはずもなく、お店としても悪い気はしないはず・・・との前提で記事にしています。
が、今回の、叔母のような反応を目の当たりにすると、例えそうだとしても、記事にするには細心の配慮(自分なりのガイドラインみたいなもの)が必要だと感じた次第です。

ちなみに、このブログ、常連さん以外に、いろんな検索エンジンを使って入ってくる人たちがいらっしゃいます。
そういう人たちの、検索ワードのトップが何かというと・・・中華料理店として紹介した"香味彩"という店名なんですよね。
うちの記事を見て、参考にしている人が少なからずいるということです。
(イチロー)
| 雑感 |
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.27 *Mon*

風邪ひき3兄妹

ニィニィの熱は昨日まで39度代でしたが、今朝はやっと37度8分まで下がりました。
が・・・ソシシの身体がちょっと熱い?37度4分・・・
やっぱりうつっちゃったのね。幼稚園は休ませましょう・・・

金曜日、熱はなかったけどしつこい咳が出ていて幼稚園を休んだハシシ。
今朝もまだ咳がとれないので、用心のためハシシもお休みすることにしました。

9時前にかかりつけの小児科(レトロな病院ではありません)に行くと
意外にも患者さんが少ない!ラッキー♪
と思っていたら、先月から携帯で受診予約ができるようになったらしく既に2時間20分待ちの順番でした・・・ガックリ
雨の中、一旦家に戻るのも大変なので、仕方なくそのまま2時間待つことにしました。

待って、待って、待ち続けてやっと順番が回ってきました。あぁ、疲れた。
「誰から診ましょうか?」と先生。
「熱が出てない一番症状の軽いハシシからお願いします」

すぐに診察は終わるだろうと思っていたら、なにやらアレコレとハシシを診ている先生。
「喘息性気管支炎ですね。多分、3人の中で一番重症なのはハシシくんですよ。相当キツイはずですから」
えーーー!?そうなの~?
ソシシとニィニィは喉風邪なので心配はいらないけど、ハシシは発作を起こすかもしれないので安静に!と先生。
キツソウな素振りを全く見せないハシシは我慢強いのか、それとも鈍すぎるのか?

お昼過ぎ、ソシシも熱が39度まで上がりグッタリ。珍しく2時間もお昼寝をしていました。
本調子じゃないニィニィも3時間近くお昼寝。
二人が寝ている間、粘土やブロックで遊んだり、お絵描きしたりと貴重な一人の時間を満喫していたハシシでした。
どう見てもキツソウじゃないよね。やっぱり鈍いのかな~?

(クミコ)


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.26 *Sun*

ジローおじちゃんとアコおねえちゃん

東京から、ぼくの友だち、ジローおじちゃんが訪ねてきました。
前回来たのは、まだハシシが生まれたばっかりの時だったから、かれこれ4年ぶりになります。
今回はなんと、カノジョ連れです。

「ジローおじちゃんが、若いおねえちゃんを連れて、泊まりにくるんだって」

前もって、ソシシとハシシにも伝えておきました。
"若い"という言葉が、どれ程、ソシシ達に伝わるものなのか、?ですが(笑)、「おねえちゃん♪おねえちゃん♪若いおねえちゃん・・・」と、来る前から二人ともウキウキです。
幼児とはいえ、やっぱ男ですな(笑)。

昨夜、ぼくと子どもの4人で熊本空港までお出迎え。
ジローおじちゃんと一緒に出てくるのは・・・いました、いました、若いおねえちゃん。アコおねえちゃんです。
ソシシとハシシの目が、キラリ☆と光ります。

家に着いて、夕食も早々に、みんなでトランプやカルタをして遊びました。いつもは引っ込み思案なハシシも、今回は積極的に絡んでいきます。
遊びに夢中な子どもたちはかなりの興奮状態。寝る素振りもありません。「明日も早いから・・・」と、なんとか言い聞かせ、10時には就寝しました。
でも一人・・・ニィニィも興奮していたようで、12時頃までぼくらにお付き合い。前夜に発熱し、体調は良くないはずなんですが、子どもは元気ですね・・・。

一夜明けての今日、天気が良かったら、どこかで紅葉見物でもしながら、BBQでもしようと思ってたのですが、あいにくの雨模様で断念。何をする訳でなく、家の中でウダウダしていたのですが、それでも、お昼近くになって、晴れ間も見えてきたので、だったら、最近、筋湯温泉郷の近くにできた、日本一の歩行専用吊り橋にでも行ってみるかと、家を出ました。

途中、熊本の家庭料理はいかがと、"私の台所・和"(ぼくの叔母夫婦がやっている食事処です)で、昼食をとりました。素朴な田舎料理ですが、気に入ってもらえたようで、ヨカッタ、ヨカッタ。
P1040215.jpg

2時過ぎに和を出発。このペースだと吊り橋に着くのは4時前かな・・・と、ミルクロードに入ると、そこは真っ白な霧の中・・・。10m先も見えない濃霧で、スピードも怖くて出せません。
このまま行っても、筋湯温泉郷あたりもこの状態かもしれないし、なんせこのノロノロ運転では、到着する頃には暗くなってしまうでしょう。
大観峰を目の前(霧で全然見えなかったけど)にして、已む無く引き返すことにしました。

自宅に着いたのは5時過ぎ。そろそろお別れの時間です。
市内のホテルまで、みんなで送っていきました。

最後に、みんなで記念撮影
P1040218.jpg

ジローおじちゃん、アコおねえちゃん、たくさん遊んでくれてありがとね。甘え始めたら、それこそしつこいソシシに、根気よく付き合ってくれて、お疲れさんでした。
そして、せっかく来てくれたのに、熊本のいい所を案内できなくて、本当に残念でした。
今度は、季節の良い春か秋に来てよ。そしたら、みんなでキャンプに行こう!


ところで・・・
二人の滞在中、なぜかニィニィが、「とうしゃん、いやだ。とうしゃん、いやだ」を連発。
すっかりジローおじちゃんに懐いて、"娘に嫌われる父親"のレッテルを貼られる始末。
熱があって機嫌が悪かったのも分かるけど、ジローおじちゃんが珍しかったのも分かるけど、どうしてそんなこと言うかなぁ・・・とうしゃん、結構、ショックだったよ。
とうしゃん、ニィニィを怒ったりしたかなぁ?ニィニィに意地悪したかなぁ?ニィニィに悲しい思いをさせたかなぁ?
ねぇ、どうして?
(イチロー)
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.25 *Sat*

吸入好き

夕べから39度の熱を出していたニィニィ。
近所のレトロな病院に受診して、吸入をすることになりました。

前に何度かハシシが吸入する姿を見ていたからか、ニィニィは嫌がる素振りも見せず、椅子にちょこんと座りました。
「ニィニィ、抱っこしようか?」と声を掛けましたが、「イーヤーダー!」と拒否。
ニィニィは看護師さんから吸入器を受け取ると当然のように自分でスイッチを入れて吸入を始めていました。
やっぱり、そこいらの2歳児とはちょいと違います。

途中、よだれが出てきたら、これまた当然のようにティッシュを取って
吸入器の下に添える小技も使っていました。
付き添いの看護師さんもニィニィの手慣れた仕草に「本当に2歳?」とビックリしていました。
天晴れ、ニィニィ!!
20061129213002[1].jpg



朝、久しぶりにお友達のTさんからメールをもらいました。
「今度ソシシくんたちも遊びに来てね」と書いてあったので、すごーく図々しいお願いで「ニィニィがお熱なので、今日、ソシシとハシシを預かってもらえない?」と聞いてみたら、Tさんは快諾してくれました。

4時過ぎまで二人を預かってくれて、送迎までしてくれたTさん。
どうもありがとう。おかげでニィニィも静かにお昼寝ができました。

(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.24 *Fri*

手紙

ソシシがお友達のフミくんに手紙を書いていました。
何気に文章を読んで、プッ(笑)

“フミくん ほっかいどうの おみやげ ありがとう
 おかし おいしかったよ
 ハシシも うれしかったです
 ほっかいどうは たのしかったですか
 こんど おしらせください

 Aさん(年長さん)になったら がんばってください
 もうすこし ごはん たべるようにしましょう

 さっかー すきなら がんばってください
 
 たのしい いちにちを おすごしください
                    ソシシより”

一体、どこでこんな台詞を覚えるんでしょう?

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.23 *Thu*

勤労感謝の日

今日は勤労感謝の日ですね。
イッチャン、毎日遅くまでお仕事を頑張ってくれてありがとう♪

夜、ソシシがままごとのケーキを「はい、お母さん!」と持ってきてくれました。
P1040209.jpg

私  「今日は勤労感謝の日だから、このケーキはお父さんにあげたら?」
ソシシ「いつもお弁当を作ってくれるお母さんにも勤労感謝だよ。だからコレはお母さんのケーキなの」

ジーーン(涙)・・・久々にソシシが可愛く見えました。

(クミコ)


Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.21 *Tue*

よく頑張りました!

母子4人でインフルエンザの予防接種を受けてきました。

「幼稚園の帰りに注射に行くからね~」と伝えたら、二人揃って「朝がいい」と返事。
1日中、今日は注射だ・・・とドキドキしながら過ごすのはイやだから、早めに済ませたいそうです。
そんなわけで園に送っていく前に病院へ向かいました。

去年は暴れて脱走してと全エネルギーを使って抵抗を続けたソシシですが、今年は覚悟を決めていました。先陣を名乗り出て、泣くのもグッと我慢できたソシシです。
そんなソシシの姿をみて、ハシシも泣きませんでした。エライ!!
そしてニィニィも、一瞬だけ顔を歪めて「フニャ~」と短い声を上げましたが、泣いたりはしませんでした。
これには看護師さんたちもビックリ!私もニィニィの逞しさにビックリでした。

締めはビシッと私が決めようと思っていましたが、不覚にも「ひゃーっ、痛ーっ」と悲鳴を上げてしまいました。
だって、大人用は針が太いんだもん、量も多いんだもん・・・(涙)

3週間後に2回目の摂取が待っています。またみんな泣かずにできるか、楽しみです。


今日は園で勤労感謝祭が行われました。

日頃お世話になっている消防署や警察の方に、感謝のお手紙とお菓子のプレゼントを贈ります。
本物の消防車とパトカーがやってきて子どもたちは大喜びでした。

ニィニィも消防車と記念撮影。いつものニィニィ流のいいお顔♪
P1040205.jpg

防火服に着替えた消防士さんが「せっかくだから」と気を利かせて
ニィニィの隣に並んでくれたのですが・・・
厳つい格好にビビってニィニィは号泣。「あたちから離れてよ~」
P1040206.jpg

消防士さん、ごめんなさい!

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.20 *Mon*

HAPPY BIRTHDAY ニィニィ♪

今日はニィニィ、2歳の誕生日。

家族みんなでお祝いです。
今夜のご馳走は、チラシ寿司にカキフライとささみのチーズはさみ揚げ。
P1040178.jpg

食事のあとはバースデーケーキをいただきま~す!
P1040201.jpg

2歳のニィニィはこんな感じ・・・
★身長     88cm
★体重     10.8kg
★足のサイズ  12cm
★好きな食べ物 みそ汁
★好きな色   黄色
★好きな遊び  ハシシとのごっこ遊び
        (配役 ニィニィ:飼い主 ハシシ:イヌ
                  :ママ     :赤ちゃん
                  :医者     :患者   )
★好きな歌   ♪カエルの歌  ♪森のクマさん
★マイブーム  電話でおしゃべり お洗濯物たたみ

お箸の使い方も上手になったし、お着替えは一人でしたがるようになってきたニィニィ。ソシシやハシシの2歳時代に比べると、ニィニィはおませさんです。

ニィニィがいるだけで、家族みんなの心がポワ~ッと暖かくなります。
お兄ちゃんたちに可愛がってもらいながら、ゆっくりゆっくり成長していってね!

ニィニィ、お誕生日おめでとう♪

(イチロー&クミコ)

Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.18 *Sat*

七五三お祝い

幼稚園で七五三お祝いの式が催されました。
七五三の子に限らず、全園児の健やかな成長を願う式典です。

当然のことながら、式はカトリック様式で執り行われます。


"マリア様のメダイ"なるものを首飾りにして頂きます。
P1040144.jpg

P1040145.jpg

子どもたちの歌う賛美歌は、とても澄んでて、心が癒されます。
ハシシも、きちんと声に出して歌ってました。
P1040149.jpg

未就園児へのプレゼントもあり、ニィニィもお祝いして頂きました。
P1040153.jpg

年長さんは、最後に記念撮影。
P1040162.jpg

ぼくらも、ニィニィと記念撮影。
P1040165.jpg

ところで・・・

熊本の七五三は、数えの3歳で髪置(かみおき)、4歳で紐解(ひもとき)のお祝いをしますが、ソシシの時、そんなことは知る由もなく(誰も教えてくれる人もいなかったし)、普通に満3歳でお祝いをしました。以来、ハシシも同様で、去年、ソシシ5歳、ハシシ3歳のお祝いをしました。
来年は、ソシシ7歳、ハシシ5歳、ニィニィ3歳と揃い踏みです。
男の子の7歳は、お祝いする歳には当たらないみたいですが、この際、どうでもいいっしょ。1回ぽっきりのことですから、三人一緒に、なんかしてあげたいなと、今から思ってます。
(イチロー)
Permalink *  CM(1) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.14 *Tue*

今日のビックリ!!

毎朝、イッチャンが出かけるときは子どもたちが玄関でお見送りをしています。
3人が3人ともほっぺにチューしたり、抱っこぎゅ~っをしたり、毎朝恒例の儀式です。

今朝もニィニィが一番に儀式を済ませ、その後ハシシ、ソシシと続いて「いってらっしゃ~い」とお見送り。
いつもはこの後、子どもたちの朝ごはんの時間なのですが・・・
今日はハシシ、ソシシ、私が玄関で手を振っている間にさっさとテーブルに戻っていたニィニィ。
一足先に朝ごはんをがっついていました。
ニィニィががっついてご飯を食べるのは日常茶飯事なのでビックリしなませんが、ニィニィが食べているモノを見て、ガビーーーン・・・石で頭を殴られたような衝撃を受けました。
それは・・・ソシシのお弁当だったのです。
はぁ~、何でお兄ちゃんのお弁当を食べるかな~。ガックリです。


二人でお風呂に入れるようになったソシシとハシシ。
お風呂の時間が楽しいようで、毎日二人で入るようになりました。

お風呂での様子が見たくて、今晩は久しぶりに4人で入ってみることにしました。
ハシシに「髪、洗ってあげようか?」と聞くと「自分で洗える」との返事が返ってきました。
えー?!うっそー!ハシシ、自分で洗えるの?ビックリしている私の横でいきなりザザーッと頭からお湯をかぶるハシシ。
鏡を見ながら、鼻歌まじりで楽しそうに髪を洗っていました。
少し前までお湯をかぶるのが怖かったハシシなのに、いつの間にか自分でできるようになっていたなんて、びっくりです。


ニィニィのお気に入りの場所は冷蔵庫とゴミ箱の間の空間。
ここで常につまみ喰いのタイミングを狙っています。

ここが一番落ち着くのか、牛乳を飲むときもこの場所です。
ゴミ箱がテーブル代わり。
今日はお絵描きもここでやっていました。
P1040134.jpg

「何をしているの?」 
「お絵描きよん♪」
P1040133.jpg

多分、一日の大半をこの場所で過ごしています。
そのうちここでご飯を食べたがるかもしれませんね。

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.13 *Mon*

字の練習

平仮名が読めるようになったハシシは、文字を書くことにも興味が出てきました。
幼稚園でのお仕事ではせっせと平仮名の練習をしているそうです。
ほら、こんなに上手に書けるようになりました(親バカ)
P1040136.jpg

ソシシが通っているサッカースクールのコーチ宛にハシシが書いた手紙。
P1040080.jpg

(しもかわこーちへえ はししにも さか おしえてくらさい はししより)
下川コーチはこの手紙が解読できるのでしょうか?

(クミコ)

Permalink *  CM(1) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.13 *Mon*

歌瀬キャンプ場

P1040124.jpg

山都町(旧蘇陽町)の小高い丘の上にあるキャンプ場です。
1998年のオープンだそうで、区画タイプのオートサイトはすべて電源、水道が備わっています。テント泊の苦手な人にはバンガローもあります。
隣接する『こうろぎブルーベリー園』は、キャンプ場利用者だと入園料が半額で入れます。
また、夏はプールも開放されていますので、暑い真夏のキャンプもへっちゃらです。
この冬からは、シャワー棟の流しでお湯が使えるようになりました。

ここの特筆すべきところは、芝生の美しさでしょう。
それゆえに、利用者には、芝生保護のためのマナーを求められます。
手入れが十分行き届いた天然のクッションは、子ども達が転げ回ってもケガをするようなことはありません。夜は心地よい寝床になります。

また、管理人さんのお人柄も素敵で、いろんなことに親身になって相談に乗って頂けますので、初心者でも安心してキャンプを楽しむことが出来ます。
いろいろとイベントも企画されているようです。

何度も訪れたくなるキャンプ場ですね。
常連さん、リピーターも非常に多いみたいです。

P1040130.jpg

場所;熊本県上益城郡山都町菅尾(地図)
HP;歌瀬キャンプ場
ブログ;歌瀬キャンプ場がもっと楽しくなるブログ

以下、我が家のキャンプ記録です。
2007/11/23-25 バイキングでお腹一杯編
2007/08/18-19 ソシシのバースデーキャンプ編
2007/07/27-29 夏だ!夏休みだ!夏キャンプだ!編
2007/06/08-10 まだまだビギナーだぜ!編
2007/04/07-08 春キャンプは最高!編
2007/02/24-25 悪夢ふたたび編
2007/01/20-21 雨中の撤収はつらいよ編
2006/12/23-24 クリスマスキャンプ編
2006/11/10-12 初冬の雨キャンプ編
2006/10/08-09 総勢25人+2匹のキャンプ編
2006/09/23-24 ビギナーズキャンプ編
| 遊び場 |
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.12 *Sun*

ファミリーキャンプ・3rd(初冬の雨キャンプ編)~三日目~

最終日、朝7時に起床。
心配された寒さも、ホットカーペットと重装備のお陰で、すこぶる快適に逃れることができました。
P1040111.jpg

空は晴れ。
二日間、雨に見舞われただけあって、久々に見る朝日はとても美しく、清々しさもまた格別です。
P1040112.jpg

朝食はぼくの担当でジャーマンポテト&目玉焼き、スープにパン。ジャーマンポテトは前日から準備していただけあって、とても美味しく出来上がりました。と、自画自賛(笑)。

朝食も早々、ソシシとハシシは遊びに出、ソシシは、昨日遊んでくれたお兄ちゃんたちと三角ベースをやり始めました。
P1040117.jpg

ハシシは相変わらず、傍観者と化して、輪の外から様子を眺めています。
P1040118.jpg

「あぁ、いつものパターンか・・・」と見ていたら、ふと、ハシシがお兄ちゃんの近くにトコトコと歩いて行くではありませんか!
「えっ?」とびっくりして、クミを呼びました。
二人で様子を伺っていると、お兄ちゃんがバットを持たせてくれて、別のお兄ちゃんがやさしい球を投げてくれてます。
「クミ、見た?ハシシが・・・」とクミを見ると、クミはすでに涙目になって、ウンウンとうなずいています。
P1040122.jpg

お兄ちゃん達が「ハシシ!ハシシ!」と声をかけてくれます。人一倍照れ屋のハシシは、緊張で顔面を膠着させながら、一声も発することなく、それでも楽しそうに応えています。こういう光景を見るのは初めてのことです。

小学生にとって年少の子は遊び相手にはならず、足手まといになるだけ。それなのに、このお兄ちゃんたちときたら、なんて心根の優しい子なんだろう。
ぼくとクミは、しばし時を忘れて、見入ってしまいました。クミなんて、嬉しさのあまりに、ミサばあちゃんに報告の電話を入れたくらいです。

でも、ハシシにとっても慣れないことで心身ともに疲れたのでしょうか、しばらくしたら、イスに座り込んで動けなくなってしまいました。これによりお役御免となりましたとさ(笑)。

ここでまた事件が・・・
「あっ、コオロギ見つけた!」という子どもの声が。「えっ?」と声の方向を見るハシシ。「まさか、あのコロボオシでは?」ってな表情をして様子を伺いに近づいて行きます。(後で聞いたら、右の触覚が短くて、コロボウシに間違い無かったそうです。)
幸い、その子は虫が苦手なようで、そのまま捕まることは無かったのですが、昨夜のカエルの件といい、ハシシのオロオロする様子が可哀想でもあり、滑稽でもあり、はたまた可愛くもあり。

天気も良くなったこところで、管理人さんが子ども達を芋ほり体験に連れて行ってくれました。季節柄、サツマイモを口にする機会が多く、飽き飽きしていたところだったので、二人で一袋だよ、と言い聞かせていたのに、やっぱりこのザマ。またしばらく、イモ料理が続く破目になりそうです(涙)
P1040123.jpg

お昼に近づくにつれ、三々五々、キャンパー達がキャンプ場を去っていかれます。
ソシシ、ハシシと遊んでくれたお兄ちゃんたちご家族も帰っていかれました。本当は、きちんと遊んでくれたお礼が言いたかったんだけど、タイミングを逸してしまいました。この場を借りて、お礼を言わせていただきます。本当に有難うございました。

ぼくらも早めに撤収作業にかかったのですが、そこはまだビギナーの域を脱せないところ(笑)。なんやかんや、もたもたしながら、撤収が完了したのは13時になり、しんがりを飾って、誰もいないキャンプ場を後にしたのでした。

帰りしな、車に乗り込もうとするハシシの足元に不審なものを発見!
「カエル?」
そう、あのカエルです。昨夜は無事開放されたみたいですが、またハシシに見つけられ、連れて帰られそうになってました。
「カエルさんは冬の間は冬眠っていって、ずっと寝て過ごすんだよ。だからハシシとは遊べないんだって。また春になったら会いに来てくれるよ」とハシシを諭し、草むらに放してあげましたとさ(笑)。




今回の教訓
・設営、撤収の時を除けば、多少の雨なら左程心配には及ばず
 (もちろん、細心の注意は必要)
・さすが歌瀬の芝、水はけ抜群!
・張り綱はきちんと張ろう
・食事は手軽に、代わりにゆったりした時間を長く

今後の課題
・もうこれ以上は車に積めんぞ
・電源(照明、ホットカーペット)頼みからの脱却

(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.11 *Sat*

ファミリーキャンプ・3rd(初冬の雨キャンプ編)~二日目~

朝、6時半に目覚めました。雨はまだ小降りのままでした。
ぼくはシェルターの中で炭を熾してお湯の準備。クミは食事の支度。子どもたちは炭火の前で暖を取ります。

朝食はきのこのリゾットとかぼちゃのソープ。
ソシシはなんと4杯完食。このところのソシシの食欲には閉口します。
P1040094.jpg

朝食が終わる頃には雨は上がりました。
クミは後片付け、ぼくは昨夜の反省から、テントとシェルターの位置を変えたり、張り綱を張ったりしました。子どもたちは思い思いに遊んでいます。9時を過ぎた頃には、少しですが日も射し込んできました。
P1040097.jpg

そのうち、別のキャンパーさんが入ってきました。今日はうちだけじゃ無さそうです。
子どもたちの数が増え、にぎやかになってきました。
目ざといソシシは、早速、遊んでくれそうなお兄ちゃんの側に近づいて行きます。この子はいつもこのパターンで、いつの間にか、お兄ちゃん達とサッカーをして遊んでました。

ハシシはというと、ソシシ達の遊びの輪には入っていけず、一人遊びをしています。場内を散策しているようです。
「お父さ~ん、カエル捕まえた」
「イチゴ狩りの時に会ったカエルが、わざわざここまで会いに来てくれたんじゃない?」というと、とっても喜んでました。
P1040095.jpg

「今度はコオロギ捕まえた。名前をコロボウシって付けたんだよ」
P1040099.jpg

この子は本当に、虫や生き物が好きです。
「カエルもコオロギも、ずっと触ってると弱って死んじゃうからね~」というと、「分かった~」と言って逃がしてやるハシシ。

お昼になって、昼食とお風呂を兼ねて、そよ風パークに行きました。
家庭風呂じゃない大浴場は初めてのニィニィ。すこぶる気に入ったらしく、大きなお風呂にゆったり浸かり、ジャグジーを楽しみ、クミと並んで座って身体を洗い、仕舞いにはサウナや水風呂にもちょこっと入ったそうで、1時間の長風呂を楽しんで出てきました。
すっかり湯にのぼせたクミはヘロヘロ(笑)。

お風呂を済ませて外に出ると、また雨が降っていました。
夕飯の買出しをしてキャンプ場に戻ると、キャンパーが更に増えていました。管理人さんの話では、予約の6組、すべてキャンセル無しで来られたとのことでした。
テントに戻ると、退屈する子どもらと、トランプをして遊びました。
「夜、雨が上がったら、焚き火しますからね~」と管理人さんがおっしゃってたので、ソシシは、「雨が止みますように、焚き火ができますように」と何度も何度も、お願いをしていました。

夕方になって随分冷えてきたので、早目の夕食を取りました。
メニューはちゃんこ鍋。冷えた夜にはコレしかないでしょ!
鍋の最後は恒例のチャンポン麺で締め。
P1040100.jpg

ソシシの願いが通じたのか、それとも単に予報通りなのか(笑)、7時になった頃には雨もすっかり上がってました。
と、管理人さん父子が薪を運んできて、焚き火の準備に取りかかり始められました。
P1040103.jpg

「やったー!」ソシシは喜び勇んで、広場に跳んで行きます。ぼくとクミもビール片手に暖を取りに行きました。他にも数組、焚き火に集まられ、いつしか、ワインが振舞われたり、自己紹介をし合ったり、談笑したりと、楽しい時間を過ごすことができました。うちからも、マシュマロとサツマイモを出させていただきました。
管理人さん、ラジコン作る時間を割いてまで、付き合っていただき、有難うございました(笑)。
P1040104.jpg

P1040105.jpg


と、ここで一つ事件が・・・
よその子どもが「カエル見つけた!」と言ってやって来ました。他の子が「カエル、焼こうか」と応えました。なんとそのカエルは、昼間、ハシシが一緒に遊んだカエルではありませんか!
悲壮な顔をしてこちらを見るハシシ。ぼくらもドキドキしながら様子を伺いました。すると親御さんの「生き物を焼いたりせんよ」の一声で、何とか最悪の事態は逃れましたが、虫かごに入れられて、連れて行かれてしまいました。
一部始終を、ハシシが不安げに眺めていたのは言うまでもありません。

クミと子どもらは一足先に、ぼくは12時頃だったか、燻ぶる焚き火を後にし、テントに戻りました。いつの間にか、空は晴れ渡り、星々が瞬き、東の空に見えるオリオン座が冬の到来を告げていました。

今夜は寒くなりそうです・・・


つづく
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.10 *Fri*

ファミリーキャンプ・3rd(初冬の雨キャンプ編)~初日~

2泊のキャンプに行ってきました。
行先はまたまた歌瀬キャンプ場

前回のキャンプで、寒さが身に染みたムカチョピン一家。当初は、初冬の寒さから逃れようと、低地の三角ファミリーランドを予約していたのですが、天気予報はあいにくの雨。雨キャンプを経験したことの無い我が家にとっては不安一杯。

"でも待てよ・・・"

この季節に雨だということは、気温がそれ程下がらないってこと。確かに天気予報もそう言ってる。だったら阿蘇方面でも大丈夫かも。となれば勝手知ったる歌瀬キャンプ場の方が安心してキャンプできるよなぁ・・・何かあったら矢部の実家に避難すれば良いし・・・と、急遽予定を変更。
安心したら現金なもので、初体験の雨キャンプ、一体何が起こるだろう・・・と、逆になんだかウキウキしてきました(笑)。

出発当日。
子どもたちを(早退させるということで)幼稚園に行かせ、午前中を準備に当てました。前夜、8割方は終わった感触だったのですが、あにはからんや、買い物に時間を取られたりして、準備は幼稚園のお迎えの時間になっても終わらず、出発したのは14:00。ところが大事な忘れ物をして、一旦家に引き返す破目になり、結局、出発できたのは予定より1時間遅れの14:30。途中で買出しをし、歌瀬キャンプ場に着いたのは16時過ぎになってしまいました。

早速、サイトの設営開始。本日は我が家だけの貸切状態です。
今回初お目見えのシェルターは意外と簡単に立てることができました。それでも、まだまだ手際が悪く、終わったのは18時頃。
P1040084.jpg

立て続けに、夕食の準備に移ります。
こういう事態は最初から読めていたので(笑)、メニューはお手軽にBBQ。
P1040087.jpg

これまた今回新調したユニ製ファイア・グリル(SPの焚き火台は予算の都合で断念)&チャコスタで、炭熾しも楽にできました。
P1040091.jpg

食後、バタバタしたせいもあって、疲れモードの母子らは9時前には就寝。
ぼく一人、焚き火を楽しみながら、ぼんやりとした時間を過ごし、それでも10時前には床に就きました。

どうか明日は、雨になりませんように・・・




夜中に物音で目が覚めました。
時間は0時ちょい過ぎ。

雨だ・・・

雨がテントをポツポツと叩く音がします。
時間が経つにつれ、小降りだった雨も、本降りになってきました。かなりの雨です。そのうち、ピカッと閃光が走り、雷も鳴り始めました。

こりゃぁ、嵐にでもなったらどうしよう・・・

設営時、ほとんど無風状態だったので、明日でいいやと張り綱を端折ったことを思い出し、後悔の念と、言いようの無い不安に駆られました。雨が染み込んでこないかも心配でした。外の様子を伺いながら、テントの中の状態をチェックしながら、しばらく眠れない時間を過ごしました・・・

うとうとしながら、また目が覚めたのが2時半過ぎ。雨は小降りに戻ってました。
外に出ても大丈夫そうだったので、子どもたちをトイレに行かせました。
テントにもシェルターにも、雨は入りこんでなく、ホッと一安心しました。

これ以上雨が降ることは無いと察してか、虫の音が急にしてきました。
その虫の音をBGMに、ぼくもまた眠りに入りました・・・


つづく
(イチロー)
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.09 *Thu*

ひでぽん(居酒屋)

お友達の恭子さんとランチにおでかけ。
本日のお店は長嶺の“ひでぽん”です。

以前から恭子さんが「小さい子供連れにはお薦めよ!」と誘ってくれていた“ひでぽん”。
先週、別のお友達からも「“ひでぽん”って知ってる?今度一緒に行こう!」と誘われました。
私の周りでちょっとブームの“ひでぽん”、楽しみにしながら出かけてきました。

日替わりランチ880円+100円でデザート付き。本日は焼きプリンでした。
この他に茶碗蒸しも付いていました。
P1040083.jpg

この量だけでも満足なのに、もっと嬉しいサービスがありました。
連れの子ども用にとご飯と汁物、茶碗蒸し、ジュース、デザートが出てきたのです。
しかも「お替り自由です」とありがたいお言葉。
ニィニィにもこの「お替り自由」は理解できたようで、当然のように汁物を「おかわり~」していました(笑)

いつもはニィニィにランチを強奪されて、ほとんど食べることのできない私ですが、今日はゆっくり自分用のお膳を楽しむことができました。
こういうサービスって嬉しいですね。
これって何歳までOKのサービスなんでしょう?
我が家のようにソシシ、ハシシ、ニィニィと3人も幼児を連れて行ったらどうなるんでしょうね。

ニィニィより半年お姉さんのユカちゃんはおしゃべりが上手になっていました。
P1040082.jpg

恭子さん、今度はどこに行きましょうかね?

場所;熊本市長嶺南(地図)
HP;見当たりません

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.05 *Sun*

ソシシ、サッカー公式戦デビュー!in キッズ・サッカー

とうとうソシシがサッカー公式戦デビューを果たしました。
(これまでの経緯はココココココ

お昼前に会場のカントリー・パークに到着。
試合前に腹ごしらえです。


年長の部にはなんと104チームが参加(らしい)。
4チーム単位のリーグ戦を行い、1位のチームが勝ち残って・・・その先はよく分かりません。まあ、勝ち残れば分かることでしょう(笑)

13:30、第1試合キックオフ!
ソラのポジションは志願(なんで?)のゴールキーパー。
急ごしらえのチームに戦術はもちろん、ルールすら問答無用の世界(笑)
試合開始早々、ゴールに転がってきたボールをソシシがキャッチ!味方にボールを返すと、受けた選手が自軍のゴールにそのままシュート!
“ゴーーーーーーーール!”
オウンゴールで先制されました。保護者は目が点・・・
その後、1点返し同点とするも、勝ち越し点を奪われ、そのまま1対2で惜敗。
(第1試合はこちらも写真を撮る余裕も無く、画像は無しです。)

第2試合キックオフ!今度のソシシはキーパーでは無いようです。
試合前の、ぼくとの練習では、いい感じでボールに絡む動きを見せていましたが、本番となると、やっぱりこの通り(右端がソシシ)・・・動かんかい!
P1040065.jpg

ぼらボールが来たぞ(右から二人目)・・・って、蹴らんかい!
P1040066.jpg

相手が抜いてったぞ(7番)・・・追っかけんかい!!
P1040068.jpg

試合結果は・・・どうだったっけ?でも負けは負け。
ぼくもクミも、まるでイビチャ・オシムが乗り移ったがごとく叫びまくった「走れー!走れー!」の言葉が、空しくピッチに響いたのでした・・・

それでも試合後、ソシシ本人は楽しかったらしく、満足げな表情。
「ソシシ、お前はドリブルもシュートもやればできるんだから、しっかりボールを追っかければチャンスはきっと来るから、がんばれよ!」
とかけた言葉が届いたかどうか、ほどなく第3試合キックオフ!

激が効いたのか、ようやく試合慣れしてきたのか、ボールに絡んだ動きを見せるようになったソシシ。(分かりにくいですが、白い帽子の子の隣り、黒髪の頭のてっぺんが見えているのがソシシ)
P1040069.jpg

ボールにもタッチできてます。(反転したゼッケン3のビブス)
P1040070.jpg

ボールを追いかける姿も少しは様に・・・
P1040071.jpg

少しは手ごたえを感じれたところで試合終了のホイッスル。0対2で完敗。
結局0勝3敗で次に進めず、ソシシの初めての大会は終了となりました。

チームメイト8人そろっての記念撮影。
みんな、よくがんばりました。
P1040073.jpg

今日の大会、104チームも参加となると、チームの有り様も色々で面白いですね。
闘争心丸出しのスポーツ系クラブ、同じ保育園・幼稚園の仲良し系クラブ、怒鳴る監督(かな?)、ラインの外を子どもの動きに合わせて左右に動き回る父親、キャッキャキャッキャと一喜一憂する母親、審判の判定に汚い言葉で文句を言う保護者、大応援団のチーム・・・

このままサッカーを続けるかどうかはソシシ次第だけど、今日は貴重な体験になったと思います。
それにしても、ぼくもクミもかなり気疲れしました。これが本格的になったら、一体どうなるんだろう・・・と思うと、ゾっとします。
(イチロー)



【おまけ】
ぼく 「ニィニィ、ジュースちょうだい?」
ニィニィ 「イ~ヤ!」
P1040078.jpg
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.04 *Sat*

災難続き

久々に血が出る怪我をしました。
P1040062.jpg

血が出たことよりも、その怪我をした原因の間抜けさにマジで途方に暮れてしまいました。

その原因とは・・・
考え事をしながら家の中を歩いていて、左足を着地させたときに歩幅の感覚が鈍って、自分の右足にぶつかったのです。
まさかそこに右足があるなんて思いもしないので、左足は思いっきり右足のかかとに激突!
左足の親指の爪で右のかかとをズッコーーンと蹴り上げて、前に倒れ込んでしまいました。
左の親指は真っ赤に腫れてジンジン痛むし、右のかかとからは血が出てヒリヒリするし、倒れたときに両膝は思いっきり打ち付けてビリビリしてるし・・・
一瞬、自分の身に何が起こったのか理解できませんでした。

その後、ニィニィとお風呂に入って「さっきのは間抜け過ぎたなぁ~」なんて、また考え事をしていたら、スッと立ったと同時にお尻に激痛が・・・
背中の方に向けていた蛇口に勢いよくガツンとお尻を打ち付けてしまったのです。
人の無意識の動作って意外と勢いがあるんですね・・・
お尻も見事に擦りむいてしましました(涙)

今日の私は運が悪かったのでしょうか?
それとも単に運動神経が鈍すぎるだけ?

(クミコ)
Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.04 *Sat*

再会

山口の弟家族が矢部の実家に帰ってきたので、私たちも合流してきました。
もうすぐ3歳になる従兄弟のマシシと一緒に
P1040057.jpg

来年の初夏には2号も誕生予定の弟ファミリー。
カワイイ従兄弟の誕生を私たちも楽しみにしています。

マシシ、今回は時間がなくてゆっくり遊べなかったけど、また一緒にお散歩に行こうね。
それまで、またハシシやソシシのことを覚えていてね。

(クミコ)

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.03 *Fri*

子育て主婦の悩み

前回髪を切ったのは2ヶ月前・・・
週末に時間を作って美容室に行こうと思っていても、何かと用事があってその時間を作れずにいました。
この連休こそは髪を切りに行きたかったけれど、本日はイチロー氏・出勤、明日は矢部行き、明後日はサッカーの試合とこれまたチャンスがありません。

しかーし、目覚めと同時に閃きました!
鳥栖の実家に帰って、髪を切ったらいいじゃんっ♪
鳥栖に行く→ミサばあちゃんに子どもたちを預かってもらう→私は髪を切りに行ける→子どもたちはミサばあちゃんと遊べる→ミサばあちゃんも孫たちに会える→めでたし、めでたし☆

「鳥栖に髪を切りに行ってくるね」と伝えるとイッチャンは「わざわざ、鳥栖まで行かんでも・・・」と呆れ顔。
気持ちは分からないではないけど、子育て中の主婦はこうでもしないと髪を切りに行けないのよー。

かくして高速をぶっ飛ばして、めでたく髪を切りに行くことができたのでした。
平日に髪を切りに行けるようになるには、後1年・・・まだまだ長いなぁ~

(クミコ)


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.02 *Thu*

ネズミ

うちの台所にはネズミがよく出没します。

私は食事の支度をするとき、使う材料を全て冷蔵庫から出して取り掛かります。一つ一つ取り出していると、後で「あっ、アレ使うの忘れた!」ってことがよくあるので・・・

そして、その材料がいつもネズミにかじられてしまうのです。
今日もサラダに使おうと出していたブロッコリーがネズミの被害にあいました。
P1040053.jpg

生のブロッコリーをかじったいたずらネズミ。「コラ!」と怒られて、膨れっ面です。
P1040054.jpg

今週だけでシメジ、ニラ、切干大根などを生でかじっています・・・
懲りないネズミです。


ニィニィの顔を見て「ボクも!」とハシシがやって来ました。
ハシシのリクエストで三つ目小僧にしてみました。
P1040056.jpg


(クミコ)
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2006.11.01 *Wed*

就学時健康診断

ソシシの就学時健康診断に行ってきました。

体育館に到着すると、予想以上の子どもたちの多さにかなり緊張気味のソシシ。
現在156名が入学予定だそうです。

残念ながら今の幼稚園から同じ小学校に通うお友達はいません。
早くこの中からソシシと気が合うお友達がみつかるといいんだけど・・・

健診の結果も全て異常なし!
着々と入学の準備が進んでいくことが嬉しいような、ちょっと寂しいような、なんだか不思議な感覚です。
そろそろランドセルなんかも検討しなくては・・・この手の決め事では
多分、きっと、イチローVSクミコで揉めそうです。ふぅ~

(クミコ)
Permalink *  CM(0) *  TB(2) *  EDIT * ▲TOP

最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。