FC2ブログ
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : グッズ・ギア

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2008.09.14 *Sun*

ブラックダイヤモンド LEDランタン、アポロ

DSC04348_.jpg

クミの誕生プレゼントを買ったついでに、前々から目をつけていたコレを買ってしまいました。
アポロの名のごとく、宇宙船を彷彿させるフォルムが男心をくすぐりますよね。

想像以上に明るいです。さらに、スイッチを押し続けることで、無段階での照度調節が可能なので、いろんなシーンで活躍してくれそうです。

今のところ、キャンプの予定はないけど、就寝前の読書灯として毎晩利用してます。
(ム)
スポンサーサイト
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2008.09.13 *Sat*

LAKEN アルミボトルISO-40

DSC04350.jpg自分専用の水筒が欲しいとの要望に応えて、クミの誕生プレゼントにと買い求めました。本人はアラジンの魔法瓶が欲しかったようですが、壊れやすいからとの理由でぼくが薦めたものです。

アルミボトルで有名なLAKENですが、保冷・保温機能を持った商品のラインナップがあるとは、ぼくも今回まで知りませんでした。内部に発砲断熱材を入れて機能を持たせています。ですから、魔法瓶のように割れて壊れるようなことはありません。ニィニィに乱暴に扱われても大丈夫でしょう。

口も大きく、氷も入れることができます。400mlという容量も手ごろな大きさでしょう。もちろん、デザインもGOODですよね。

それにしてもクミさん、以前より、「直接ボトルをラッパ飲みなんてできない・・・、やっぱりコップ付きでないと・・・」などと、お上品なことをのたまってましたが、そんなくだらない恥はかなぐり捨てて、これでグビグビッと行ってもらいましょう(笑)。
(ム)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.11.12 *Mon*

欲しいものファイル№3・アルパインテントが欲しい

久しぶりの欲しいものシリーズです。

以前より、トレッキングでテント泊をしてみたいと思ってまして、それ用のテントが欲しかったのですが、九州自然歩道を歩くようになって、その思いが益々強くなってきました。
今のところ歩きやすい、交通の便の良いコースを歩いていますが、いずれ、日帰りでは踏破できない長距離コースも出てくるでしょう。
そんな時は、適当な場所を見つけて、テント泊するのも一興かなと考えている訳です。

アルパインテントは、オートキャンプ用のテントと、設計思想が天と地ほど違います。
居住性を重視するオートキャンプ用テントは、それ故に大型で重量もあります。方やアルパインテントは、携帯性重視であり、小型で軽量なものとなります。バックパッキングを前提とすると、2kg以下にまで抑えないといけません。

そこで、今、目星をつけているのがコレ!
プロモンテ VL-32
vl42.gif

プロモンテというブランドの本格派アルパインテントです。
3人用テントですが、大人だと2人でちょうどという広さでしょう。ソシシとハシシ連れであれば何とかなります。

オートキャンプシーンにおいても、ツインキャンプはもちろん、子ども達が大きくなってくると、今使っているユニのテントでも狭くなってくるでしょうから、そうなった時はサブテントとしても使えますよね。

値段は・・・高いです。
今すぐ必要という訳ではありませんので、じっくり、腰を落ち着けて、その時を待ちたいと思います。
(ム)
Permalink *  CM(1) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.09.03 *Mon*

EZ-SALES トラベルコット

家に帰ったらこんなもんが届いていました。
って、実際、ぼくが買ったもんですが(笑)
DSC01754.jpg

もちろん、キャンピング・ギアとしての購入です。
腰痛持ちのクミのために、地べたで寝るよりは良かろうと、GIコットをテントに入れて、使っていたんですが、でかすぎるので使い勝手が悪く、コンパクトなコットを探していました。

で、例に漏れず、いざ買おうとして3週間ほど、あれでもないこれでもないと迷った挙句、ようやくEZ-SALESのトラベルコットに決めました。

テンションをきつくするために、最初はかなり組立づらいとの情報通り、30分ほど悪戦苦闘の後、ようやく組み立て終わりました。
DSC01760.jpg
↑のように、ニィニィも気に入った様子(笑)

フレームも布地も作りがしっかりしていて、寝心地もまずまずです。
何よりも軽い。3㌔ありません。一本指で持ち上がります。
なかなか良い買い物ができたと自己満足。

今週末のハシシとのツインキャンプは、テントを持参せず、スクリーンシェルターだけもっていって、二人ともコットの上で寝ようと思います。こういう使い方もしてみたかったんです。

楽しみ、楽しみ。
早速、今夜はこれで寝てみよう~っと。
(ム)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.02.25 *Sun*

ユニフレーム(UNIFLAME) トレイルケトルL

DSC00548.jpg

たかがヤカンと侮ることなかれ。あると本当に重宝します。

冬キャンプには家庭で使うストーブを持参しているのですが、ストーブにかけっ放しで、いつでもお湯を使うことができます。
鍋で代用できるじゃん、と言われそうですが、カップ麺にお湯を注ぐにしたって、コーヒーを入れるにしたって、蛇口があるので、ぼたぼたこぼれる事はなく、操作性では勝負になりません。
容量が適量(900ml)なので、沸騰するのにそう時間も掛かりません。
初使用の今回のキャンプで、その有効性を実感しました。

612_1.jpg何故ユニのケトルを買ったかというと、このケトル、これまた我が家で愛用しているfan5 DXにすっぽり納めることができるからです。おかげで、今回、キャンプ場で開けてみるまで、クミには見つかりませんでした(笑)
かさ張らないので、トレッキングなんかにも使えそうです。
なんでも、鍋代わりにも使えるそうな。
Permalink *  CM(0) *  TB(1) *  EDIT * ▲TOP

2007.02.13 *Tue*

欲しいものファイル№2・広角レンズが欲しい

デジ一と銀塩一眼レフの違いの一つに、画角の違いがあります。
同じレンズを使っても、デジ一だと2/3くらい画角が狭くなるんです。だから、同じようなカットの写真を撮ろうと思ったら、デジ位置の場合、何歩か後ろに下がらないといけません。室内だと、下がるにも限度がありますよね。これがテントやシェルターの中とかだともっと深刻になります。
そこで、今まで使ってたのよりもっと広角のレンズが欲しくなる訳ですね。
銀塩では35㍉辺りが一番自分に合ってたんですが、デジ一では換算すると24㍉相当のレンズとなります。しかも、広角なだけでもだめ。大口径の明るいレンズとなると、ズームではなく単焦点に絞られます。
で、欲しいのがコレなんです。
シグマ 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
純正のαレンズでは、この手の広角大口径レンズはラインナップされてません。レンズメーカー、シグマのレンズで、安いのも魅力です。
これさえあれば、キャンプの夜のシーンも、それなりに撮れると思うんだけど・・・
(イチロー)



単なる思い付きではじめた”欲しいものシリーズ”ですが、なんだか、クミにケンカを売ってるような気がしてきました。
お互い、物欲の塊なのに、『あんただけいい気になって、何書いてんのよ!』って声が聞こえてきそうです。
でも、まぁいいか、気にしない、気にしない・・・
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.02.08 *Thu*

欲しいものファイル№1・ハリケーンランタンが欲しい

die.jpgこのランタン、いいなあ・・・
所謂、ポンピング式のランタンではありません。灯油の染みた芯に火を燈すランプです。
この手のタイプは、ニアー社製のフュアーハンドランタンが有名ですが、画像のはDIETZ社という、アメリカのメーカーらしく、東京ディズニーランドのディスプレイにも多く使われているんだそうです。
ポンピング式ではありませんので、タンクを満タンにすれば、20時間はもつそうです。”しゅゅ~”って音もしません。静かです。
燃費がいい分、光量はかなり低いそうですが、キャンプの夜に明るさを求めてる訳でもありませんので、十分かなと思ったりして。

山鹿市内に、これを販売している店を見つけました。
週末にでも行って、実物を見てみようと思います。
楽しみ楽しみ~
(イチロー)



ご覧のように、欲しいものシリーズを開始します(笑)
欲しいままで終わるのか、それともゲットするに至るのか。
買ったものは使ってみてどうだったのか、成功か失敗か・・・
クミに言わせると、無類の買い物下手なぼくですから、
いろいろとドラマがあるかもしれませんが、笑って読んでください。
Permalink *  CM(1) *  TB(1) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.29 *Mon*

ソニー α100

P1040467.jpg

ついにデジ一(デジタル一眼レフカメラ)買っちゃいました。
冬のボーナスからお小遣いをもらっちゃったもんで衝動買いです。

今持ってるレンズの資産を活かすために(て言うか、今更、他メーカーのレンズを揃えるほどのお金も無いため)、α100にしました。

衝動買いではあることには間違いないんですが、綿密な(?)ウラもあるんですよ。

デジ一の世界は、仕様的にはある程度まで行き着いた感があり、やがて主流となるであろうフルサイズCCDカメラは、一時は高嶺の花に違いない訳で、α100は出て半年ほど経って、ずいぶん値頃感も出ていているし、今が買い時と判断しました。

値頃感が出てきたとはいっても、小遣いを叩いて、キャッシュでポン!という訳にもいきません。他にキャンプ道具も揃えないといけないし・・・

そこで、費用の一部を、手持ちの銀塩カメラをオークションで売って、賄うことにしました。(オークションの顛末はココから)

そうと決めたら即行動!
キタムラで価格交渉の末、満足いく回答が出たもんで即決即買い。
あとは、クミにどう説明するかです(笑)

クミには、今が買い時であること、オークションで半分以上の費用捻出の(勝手な)見込みがあることを、とつとつと説明しました。
とはいっても、もう買ってしまったもの、どうしようもありませんよね。それを分かってか、クミからは特に意見はありませんでした。ちょっと呆れてたっぽいけど。

で、インプレッションは・・・と、ゴタゴタ並べるのは止めましょう。
それよりなにより、空白のままの写真カテゴリーを少しずつ埋めていかねば。
その点は、フイルムをいちいちスキャンするような手間が要らないんで、どんどん掲載できるはず(?)です。

ということで、お楽しみに~
(イチロー)
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.23 *Tue*

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 極太アミセカンドグリル

焚き火が定番の、この時期のキャンプ。焚き火の火が使えるので、ツーバーナーを持ち込むのはオーバースペック。だから、シングルバーナーを一つだけ持ち込むようにしてます。
でも、シングルバーナーに直載せだと、大きな鍋だとちょっと不安定で、子どもが引っ掛けでもしたら大きな事故につながりそうで心配・・・

そこで見つけたのがこれです。
DSC00110.jpg

プリムスのシングルバーナーにジャストフィットで、直載せするより安定感抜群。広さもそこそこあるので、手頃な鍋なら2つ並べて置けます。
シングルバーナーを2つ並べて、簡易なツーバーナーにすることもできます。

たたんで省スペースに収納できますので、いかに持ち物を減らすかがテーマの我が家にもってこいの小道具です。
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2007.01.07 *Sun*

スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク 30

先月のクリスマスキャンプ、初日は結構風が強くて、ペグダウンの重要性を再認識させられたんですが、これまた撤収時、シェルター付属のプラペグが、抜く時に折れちゃって使い物にならなくなってしまい、ペグそのものの重要性も痛感した次第。

このプラペグ、打つ時も抜く時も結構力が要ります。接地面積が広いためで、それ故、抜けにくいというメリットはあるものの、プラ製ですから、今回の様にポキッと折れちゃったりもする訳で・・・で、ペグを新調しました。

買ったのはコレ!
DSC02583.jpg

その名も高き鍛造鋼鉄ペグですが、実際のところ、ここまでのものが必要かよく分かりません。長さも200㍉~600㍉まであって、どの辺りが適当なのかも分かりませんでしたが、300㍉の6本セットがあったので、これが一番売れ筋(=使い勝手がいい)のかな?COJさんちも持ってたのもこれっぽいし・・・と思って買ってみました。

このペグ、硬い土や小石の多い地面などで威力を発揮するようですが、歌瀬のような、割と柔らかい芝の地面ではどうなんでしょうかねぇ。長さが足りなかったりして。
いろんな人の意見を聞いてからでも良かったのですが、新年最初のお買い物(お出掛け)だったので、何か買いたくて、つい買ってしまいました(笑)
まあ、使用感はそのうちご紹介できるでしょう。

それにしても、『たかがペグ、されどペグ』、ペグにもいろんなタイプがあって、それぞれ用途・適性が違ってて、理解するもの揃えるのも、なかなかに難しいもんです。
シェルター本体用のペグはこれで良いとして、テントと張り綱用のペグは、これまた付属のアルミのピンしか持ってません。テントはタープやシェルターほど、風に持っていかれるようなことも無さそうだけど、本当にこのままで大丈夫だろうか・・・いずれ痛い目に遭いそうな気がするなぁ・・・。
Permalink *  CM(3) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

最近の記事+コメント



リンク



プロフィール

  • Author:kumkum
  • ファミリー
    ・ぽたろー
    ・kumkum
    ・ソシシ
    ・ハシシ
    ・ニィニィ
  • 鳥栖市在住



ブログ検索



e*meters



Copyright © SKY×SUN×RAINBOW PART2 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。